アンケートで5,000円ゲット!新築マンション購入者はここをチェック

赤ちゃんが予防接種でけいれんした時の対応と医師の助言

赤ちゃんがけいれんすると焦ってしまいますよね。

私は息子が3ヶ月の頃、予防接種の10分後にけいれんを起こしたことがあります。

その後の対応や医師の助言などを記録します。

乳児が予防接種後にけいれん!?

息子は生後3ヶ月の予防接種の後、けいれんを起こしました。受けた予防接種は、ヒブ、小児用肺炎球菌、B型肝炎、4種混合(ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ)、ロタウイルスの合計5種類です。

予防接種後、副反応の有無を確認するため病院内に待機していたところ、10分後に息子の上半身がプルプルと震え始めました。

寝入り端のけいれんで、顔色が変わることはありませんでしたが、焦ってすぐに先生を呼びました。

ほんの数秒(多分6〜7秒)でしたが、先生にもけいれんの様子を確認してもらうことができて、「予防接種後すぐのけいれんは初めて見たので驚きました」と言われました。

ベテランの先生(年齢的に推測)が初めて見たと仰ったし、ネット上にも熱性けいれんに関する情報はあっても接種直後のけいれんの情報は見当たらなかったので、息子のような事例はごく稀なことかもしれません。

初めのけいれんの5分後、さらに数秒のけいれんが起きました。

呼吸はしておりチアノーゼも見られなかったので、緊急を要する自体ではありませんでしたが、いざ自分の子どもがその場面に出くわすと冷静さを失ってしまいます。

母親の不安な気持ち

40分ほど病院で経過観察し、それ以降はけいれんを起こすことはありませんでした。

私は帰宅後ネットで検索しているうちに、予防接種とは関係なく、もしかして点頭てんかんではないか?(症状、発症月齢、タイミングなどが当てはまる)と疑い始め、不安でたまらなくなっていました。

点頭てんかんとは、生後3~11ヶ月頃の赤ちゃんに発症するてんかんの一種です。点頭てんかんの発見者である医師の名前をとって「ウエスト症候群」と呼ばれることもあります。

「点頭」とはうなずくことを意味しており、その症状に、頭を下に垂らし、縦に動かしてうなずくような仕草をするという特徴があります。

(中略)

点頭てんかんの症状としては、目を覚ましているときにいきなり頭を前にカクンカクンと倒したり、両手両足を曲げたりといった動作を5~30秒続け、これを繰り返すことが特徴です。(出典:こそだてハックhttps://192abc.com/43740)

 

電話で翌日の受診の予約を取ることができたので、聞きたいことを自分の中でまとめて、医師に不安に思っていることを質問しました。

点頭てんかんを疑った理由と医師の助言

 

点頭てんかんを疑った理由

  • 点頭てんかんの症状と言われるけいれんに似ていた
  • モロー反射と見分けがつきにくい
  • 男の子に多い
  • 生後3ヶ月くらいから発症する場合もある
  • 何も食べていないのに口をモゴモゴ?チュパチュパ?動かす

 

私の質問に対して、実際にけいれんを見た先生と他の先生で話を共有して回答してくださりました。

 

私の質問に対する先生の回答

 

お腹が空いていなくても、口をチュパチュパ動かすことがあるので心配です。

口をチュパチュパするのは正常な行動で、お腹が空いているか口の中に不快感があるか眠たいか、何かを訴えているだけなので心配はないです。

 

3ヶ月頃から点頭てんかんが現れる場合もあるらしく不安です。

点頭てんかんが発症するのはほとんどが5〜6ヶ月頃からなので、点頭てんかんではないでしょう。現時点で笑顔も見られるし、泣く元気もあるので心配はいらないです。けいれんは予防接種の副反応の可能性が高いです。

 

予防接種後のけいれんはなぜ起きたのでしょうか?

(けいれんを見ていない先生)経験則から言うと、注射の痛み刺激による神経の反応だと思います。

 

同時接種が良くなかったのでしょうか?

予防接種は一種類でも同時接種でも副反応がある時はあるし、ない時はないから、同時接種が良くないということはないです。

 

今後の予防接種が不安です。

どのワクチンで反応が出たかわからないですが、分けて接種することもできます。受けたワクチン5種類の中の「小児用肺炎球菌ワクチン」で反応が出た可能性があるので、それだけ別にしましょう。何度も来ないといけないから、お母さんの手間は増えるけど、別で日程組んで様子見ましょうか。

 

【対応】同時接種を一部見直し。分けて接種することに。

同時接種することが怖くなったので、分けて接種することにしました。とは言っても、一種類ずつ受けるのは困難なので、毎回接種部位がよく腫れる「小児用肺炎球菌ワクチン」だけ別日で予約を取りました。

 

以後、けいれんは起こらず(安堵)

「肺炎球菌ワクチン」だけを接種した後は、けいれんは起きませんでした。それ以外の予防接種でも、今のところ発熱以外の副反応はありません。

赤ちゃんは予防接種の時みんな泣くと思いますが、我が子はその中でも相当泣き方が激しい気がします。

先生にも、ロタ(経口接種)でここまで嫌がる子は珍しいと言われたので、注射に限らず予防接種自体に全身で拒否反応を示してるのかな?と、自分なりに解釈しました。

 

まとめ:予防接種の内容把握と主治医への相談が大切である

息子はおそらく痛みに弱く、5種類を接種するごとに全身に力が入って呼吸困難になるんちゃう?ってくらい号泣して、それが引き金となり神経のけいれんが起きたのだと考えられるようです。

我が家の場合緊急性はありませんでしたが、知り合いのお子さんは乳児期予防接種の後、意識がなくなって総合病院に救急搬送されたそうです。

私は一時は予防接種が怖くて、「受けさせたくない」「受けない方がいいんじゃないか?」とまで思いました。

だけど、それぞれのワクチンの内容を把握すると、罹患した時に重症化するのも怖いですし結局は接種していくことが妥当だと受け止めています。

 

今後も受け方やスケジュールは主治医に相談して決めていきます。不安や疑問は、主治医の先生に相談することで安心できることもあります。

今はWHOが推奨しているほど予防接種の同時接種が主流になってきていますが、親の考えを尊重して受け方は選ばせてもらえるので、同時にたくさん打つのが不安な方は分けて接種するよう調整を相談してみてもいいかもしれません。