>>新築マンション購入者は5,000円GET

ビットコインって何?2017年に暴騰して億り人続出!2018年も稼げるの?

ビットコインってご存知ですか?

最近CMなどメディアでも聞く機会が増えましたよね。

コインチェックのCMがインパクトがあったので、耳にされた方も多いと思います。

 

私は出川さんのCMが始まる前から仮想通貨に投資をしていますが、周囲に投資をしている人は少ないです⊂((・x・))⊃

2018年1月末にはネム(XEM)の流出事件があって、さらに危険なイメージを持たれた方も多いですよね。

 

ということで、そもそもビットコインって何?を復習がてらまとめます。

 ビットコインとは

ビットコインは世界初の「仮想通貨」

ビットコインは、世界初の仮想通貨で、インターネット上で利用できる電子的なお金です。

ネットワーク参加者の間で、物品やサービスの対価に利用でき、法定通貨に換えることもできます。

つまり、形はなくとも「お金」としての価値が多くの人に認められていることに間違いありません。

実際に、日本でも家電量販店など「ビットコイン決済」を取り入れている店舗が増えました。

 

仮想通貨には多くの種類がありますが、ビットコイン以外の通貨はすべて「アルトコイン(代わりのコイン)」と呼ばれ、ビットコインのシステムをもとに構成されています。

このことから、ビットコインは「仮想通貨第1世代」とも呼ばれるそうです。

仮想通貨にハマって定期預金を解約した主婦。我が家の投資銘柄&スタイル。

 

ビットコインの通貨単位「BTC」

ビットコインの単位は、「BTC 」と表記され、1BTC(1ビーティーシー)と数えます。

日本円や米ドルなどの法廷通貨と違い、紙幣や硬貨のような形としては存在しません。

 

ビットコインの保存先「ウォレット」とは

ビットコインは、「ウォレット」と呼ばれるネットワーク上の口座で保有できます。

ビットコインを購入するには、取引所に登録する必要があり、購入した通貨を取引所のウォレットで保有することも可能です。

長期的な保有や、取引所の倒産リスクなどを回避するには、自前のウォレットでの保管が望ましいです。

 

ビットコインの概要

ビットコインの詳細を知りたい方は、以下の公式ページから概要などを確認できます。

ビットコイン公式

 

ビットコインの歴史

ビットコイン誕生の経緯

ビットコインの誕生は、2008年にサトシ・ナカモトと名乗る人物によってインターネット上に投稿された論文『Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash System』(ビットコイン:P2P 電子マネーシステム)が起源となりました。

サトシ・ナカモトが提唱した内容は、「ブロックチェーン」というインターネットのデータ構造システムを利用して、金融機関を介さず、ネットワーク利用者同士でデータを管理し合うという画期的な内容でした。

そのシステムに興味を持った研究者やプログラマーたちによって、ビットコインの開発が進められ、2009年から実際に運用が開始されました。

 

始めはビットコインの仕組みが本当に機能するのかどうか、「ピザ1枚をビットコインで支払う」という試験的(遊び的?)な感じで始まったみたいです。

初めは「通貨」としての価値はありませんでしたが、ビットコインのシステムを評価・信頼する人が徐々に増え、「お金」として価値が生まれたわけですね(・ω・)ノ

 

通貨としての価値が広がった要因

お金としての価値が広まったのは、2013年にユーロ圏のキプロス共和国で起きた金融危機「キプロス危機」がキッカケになったと言われています。

国に管理されない個人の資産として世界的な注目を集めたビットコインは、2013年に時価総額が1兆円を超えました。

日本でも2017年大きな注目を集め、一時、1BTC(ビットコイン)が200万円を超える爆発的な値上がりを記録しましたね。

 

2017年4月、日本においてビットコインの税制度が定義される

2017年4月1日〜日本では、「仮想通貨法(通称)」と呼ばれる法律が施行されました。

これに基づき、国税庁のホームページにて、ビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象になることが公表されました。

ビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。(所法27、35、36)(出典元:国税庁HP)

 

ビットコインの特徴【法廷通貨との違い】

銀行に管理されない

ビットコインには、中央銀行(日本銀行)のような中央集権的管理者は存在しません。

物やサービスの対価として使える点は「円」と同じお金なのに、国や銀行が発行している通貨ではないのです。

しかし、管理者が存在しないとはいえ、ビットコインは支払い手段の1つとして法律で定義されましたし、2018年2月には「コインチェックのネム不正流出事件」を受け、金融庁がすべての仮想通貨交換業社に立ち入り検査を実施するなど、ビットコイン含む仮想通貨が安全に取引されるように政府が動き出しました。

 

ブロックチェーンというシステムに守られている

銀行が管理していないと聞くと、「偽造したり悪用されるのでは?」と心配になるのですが、ビットコインは、物理的にデータの改ざんが不可能なよう「ブロックチェーン」というシステムによって守られています。

ブロックチェーン
コンピュータ計算により暗号化した取引履歴を、世界中のネットワークで共同管理して、通貨のセキュリティを守るシステムのこと。

 

ブロックチェーンの仕組み上、ビットコインの取引履歴は、不特定多数のコンピュータに分散して処理されていきます。

このことから、「分散型取引台帳」とも呼ばれます。

ハッキングしようにも不特定多数のコンピュータにデータが残るので、物理的に不可能ですし、万が一ハッキングされても、改ざんされたデータは新しいブロックに承認されず排除されます。

技術的な話は難しいのですが、ブロックチェーンのシステムは、決済以外にも今後あらゆる場面で活躍していくと思います。

ちなみに仕組みの裏側を言うと、取引の承認作業のことを「マイニング(採掘)」といい、1番早くコンピュータ計算で取引を承認できた人に報酬がある仕組みになっています。

 

ユーザー間で直接取引が可能「P2P(Peer to peer:ピアツーピア)方式」

ブロックチェーンによる取引のように、中央集権的な第3者(銀行など)を介さずに、ユーザー同士がインターネット上で、直接取引を行うことを「P2P(Peer to peer:ピアツーピア)方式」と言います。

 

銀行を使うより国際送金が安くて早い

ブロックチェーンの技術により、銀行を介さないことで、人的コストが安く抑えられます。

インターネットが繋がった環境ならどこにいても利用できるし、国をまたいでも「両替なし」「手数料安く」「短時間」で送金することが可能になります。

 

発行量に上限がある

ビットコインは、事前に発行量が決められているので、需要が増えるほど希少性が高まり、通貨の価格は高騰します。

マイニング(採掘、取引の承認作業)によって発行されるビットコインの量は調整されていて、2140年までに2,100万BTCと決められているそうで、それ以降は新しく発行されることはありません。

ビットコインには欠点もあるが、2018年はまた高騰するかも?

ビットコインのブロックチェーン技術は、革命的で素晴らしいものでした。

この新しい概念こそが注目を集めて、2017年には価値が高騰し、億り人が続出しましたね。

 

しかしマイナー(マイニングする人)の報酬が一部に偏って、ある意味中央集権化していたり、流通量が増えるにつれて送金遅延が起きたりと今では課題も多々あります。

2018年中に再び200万円は超えるとウェブボットが予測しているそうですが、どうなんでしょう(´・ω・`)?

 

AIの予測は結構当たるので侮れませんが、我が家はビットコインはちょっとしか持っていません。

ハイリターンはもう望めなさそうですが、一度暴落して高値の時期(200万付近)と比べたら半値くらいになっている(2018年2月)ので、100万割っている時に買ってしばらく放っておけば、倍くらいにはなるかもしれませんね。

 

投機面を利用するのも良いですが、ビットコイン以外にも様々なプロジェクトを進める仮想通貨があるので、自分が賛同できるものに投資するのも楽しみ方の1つです。

興味がある方は色々調べてみてはいかがでしょう(*・ω・)ノ

 

注意

あくまで投資は自己責任です。

始める方は他人の意見に依存せず、自分で納得された上で購入なさってください。