➢ 新築マンション購入者は5,000円Get

HARIOのフィルターインボトルを麦茶ポットにして、快適な食洗機ライフ

HARIO(ハリオ)フィルターインボトルのレビュー|食洗機対応の麦茶ポット

麦茶ポットを手洗いするのは面倒ではないですか。

わたしは食洗機に慣れきってしまい、極力手洗いしたくなくて、食洗機対応のアイテムを選ぶことが増えました。

そして、この夏は麦茶ポットも食洗機対応のガラス製品に買い換えました!!

買い換えてからかなり快適になったので、この記事では、HARIO フィルターインボトル のレビューを書きます。

麦茶ポットをHARIOの食洗機対応「フィルターインボトル」に買い換えた!

出典:楽天

▼わが家はいままでピッチャー 2.3L の麦茶ポットを使っていました。

しかし、奥まで手を突っ込んで洗わないといけないし、細々した部品も洗いにくくて、面倒くさがりだから麦茶をつくるのが億劫でした。

 

そこで、麦茶ポットも食洗機対応のものにしようと吟味。

ガラス製品のいろいろある商品の中から、部品ごとすべて食洗機で洗えるHARIOのフィルターインボトルに決めました。

 

▼可愛い箱に入って届いた

HARIO(ハリオ)フィルターインボトルのレビュー|届いたときの箱

▼シンプルな見た目です

HARIO(ハリオ)フィルターインボトルのレビュー|本体

注ぎ口にフィルターがあるため、本来は茶葉をそのまま入れて水出しするための商品ですが、わが家は主に麦茶パックを入れて使っています。

 

水出しはもちろん、耐熱温度120℃だから、ホットドリンクにも使えますよ。

 

2019年リニューアル!揃えたくなる可愛いカラー

人気のフィルターインボトルは、2019年3月にリニューアルしました。

▼可愛いパステルカラーが登場!

 

▼日本のグッドデザイン賞を受賞

 

わたしはリニューアル版のホワイトを購入しましたが、レモンイエロー・ミントブルー・ペールピンクも可愛いです。

カラーごとに用途を分けることもできていいですね。

 

HARIO「フィルターインボトル」のサイズ・容量について

HARIO(ハリオ)フィルターインボトルをダイニングテーブルに置いた様子

サイズは750mlと結構小さいです。

▼手で持つとこれくらい

HARIO(ハリオ)フィルターインボトルを手に持った様子

いままで2l以上のピッチャーを使っていたため、半分以下になりました。

 

小ぶりなサイズで足りないかと心配でしたが、麦茶って傷みやすいし、作るペースが早くなることでいつでも美味しい麦茶が飲めて、むしろよかったと思っています。

わが家はわたしが水もよく飲むため、これまで麦茶を飲みきる前に、傷ませてしまうこともあったんです。その心配がなくなりました。

 

大家族で大容量の麦茶が必要な場合は足りないでしょうが、わが家は3人家族で、いまのところ2食分ごとに作るくらいのペースで間に合っています。

 

スリムなボトルでほかの食器と一緒に食洗機に入れられるため、わずらわしい手洗い作業がなくなって快適になりました。

 

また、冷蔵庫のポケットにすっぽり収まりやすいのもうれしいポイントです。

 

ガラス製品で食洗機対応の大容量の商品はあまりないため、1本で足りないなら、2本購入するのもありだと思います。

 

ワインボトルのようなシンプルな見た目で食卓に馴染みやすい

HARIO(ハリオ)フィルターインボトルを食卓の料理とともに置いた様子

注ぎ口がワインボトルのような形で、食卓に馴染みやすいのもすてきです。

持ち手がないと不便かと悩みましたが、すぐ慣れたし、冷蔵庫に収納しやすく、食洗機にも入れやすいシンプルなつくりに満足しています。

 

子どもが小さくて自分で注ぐ場合には、持ち手があったほうがいいかもしれません。(わが家はまだ2歳だけどいずれは自分でやりたがるかなあ)

 

▼同じハリオのボトルで、持ち手があるタイプのほうが人気です。

 

パッキンなし!構造もシンプルで使いやすく洗いやすい

構造もシンプルで、シリコン部分は簡単に取り外しができます。

パッキンすらないため、食洗機はもちろん、手洗いでもラクです。

HARIO(ハリオ)フィルターインボトルを解体した様子

▼本体以外の部品はシリコンのフタ・キャップとフィルターだけ

HARIO(ハリオ)フィルターインボトルのフィルター部分

 

注意

前述のとおり、持ち手がないため、落下には気をつける必要があります。

注ぎ口のシリコン部分を持つと、重力で本体と外れてしまうおそれがあるため、必ずガラス部分を持つようにします。

 

▼ガラス部分を持つ

HARIO(ハリオ)フィルターインボトルの注意点

 

茶葉に限らず、フルーツウォーター・サングリア・出汁など活用の幅が広い


わが家は麦茶専用で使っているのですが、公式ホームページを見てみると、さまざまな活用法が掲載されていました。

水出し茶以外には、カットしたフルーツと水を入れたり、煮干や昆布だしをとったりもできます。

 

スリムで冷蔵庫に収納しやすいため、何個か購入して、カラー別に用途を使い分ける人もいますよ。

わたしも(アルコール解禁したら)サングリアを作ってみたいなあ。

 

食洗機対応でシンプルな麦茶ポット

ここでは、わたしがほかに検討した麦茶ポットをまとめます。

どれも食洗機対応で、つくりがシンプルなものです。

 

HARIO 麦茶ポット

同じハリオの麦茶ポットで、こちらは1,400ml容量があるため家族で使うのにぴったり。

 

KINTO ピッチャー

アクリル樹脂製で割れにくい、食洗機対応のキントーの麦茶ポット。

容量は1,000mlです。

 

iwaki スクエアサーバー

ガラス製品でおなじみのイワキ。

本体のみ食洗機対応で、容量は1,000mlです。

 

さいごに

麦茶をたくさん飲む人や大家族だと、HARIOの麦茶ポットは容量が少なく1本では足りないかもしれませんが、ひとり人暮らしや夫婦だけなら、より快適に使えると思います。

食洗機で洗えるから1回の食事ごとに飲みきって、新たに作るのも苦ではありません。

 

この夏、麦茶生活がかなりラクになって、本当に買い換えてよかったと思いました😊