➢ 新築マンション購入者は5,000円Get

イッタラ『フルッタタンブラー』が可愛い。50年ぶりに生産された北欧グラスの口コミ

scopeで購入したイッタラ「フルッタ」

scope version.Rさんで50年ぶりに復刻が実現した、フルッタ。

北欧のデザイナー、オイバ・トイッカ氏による「フフフのフ」のひとつです。

オイバがデザインしたフフフ

植物柄のフローラ(1966-1991)
果物柄のフルッタ(1968)
動物柄のファウナ(1970-1984)

企画で安くなっていたため、クリアを2個購入しました☺︎

次回クリアの入荷は2019年5月、現在はアメジストが販売されています。

この記事では、コロンと可愛いフルッタのレビューを記録します。

フルッタ・クリアを購入

包み布が可愛い

北欧・フルッタのクリアブルーをscopeで購入

scopeさんからおしゃれな布に包まれて、フルッタが届きました。

こちらの布は、フルッタ復刻のタイミングでscopeさんが生産許可を取得したフルッタ図案のプリントです。

 

ふつうの梱包とちがい、scopeさんは特製の布に包んだ上でプチプチに包んでくださっていました。

北欧・フルッタのクリアブルーをscopeで購入

粋な計らいが素敵。

布は額に入れて飾ったり、ハンドメイドしたりと活用できそうです。

 

マウスブロー製法の素朴な可愛さ

北欧・フルッタのクリアブルーをscopeで購入

マウスブローというハンドメイドに近い方法で生産されたフルッタ。

個体差があり、ガラスの厚みや凸凹加減が異なります。

 

均一に整ったグラスではないので、スタッキングできません(写真参照)が、ほかにはないデザインで特別感があります

 

口当たりが意外となめらか

型吹きガラスでフルーツの柄が入っているフルッタですが、口当たりは嫌な感じがなくなめらかでした。

 

もこ

水を飲むのもついフルッタに注いでしまうくらい気に入りました。

 

フルッタが購入できるショップ

フルッタは1968年代にフィンランドで別注されて以降、50年生産されることはありませんでした。

それを復刻したのが日本企業のscopeさんです。

 

つまり現在はscopeさんでしか正規品は購入できないはずです。(フリマアプリなどでは出品されているかもしれません)

生産はフィンランドで行われていて、試作の段階でもscopeの社長さんがイッタラ工場に足を運ばれていました。

 

フルッタのサイズと重さ

タンブラー:約φ75xH80mm (飲み口 φ70mm) / 260ml /126g

マウスブロー方法で生産されていて、重量も個体差があります。

 

コロンと丸くて小さいため、片手におさまりやすく持ちやすかったです。

 

もこ

手に持ったとき、意外と軽いなあと思いました。

食器洗浄器にかけられるか

イッタラ / フルッタ 商品紹介には、食器洗浄器「×」と書かれています。

もこ

ただ、わたしは知らずに食器洗浄器にかけていました。

 

でも何度も洗っていても特に問題なく使用できています。

 

注意
食器洗浄器使用は自己責任です。

 

見るたびときめく可愛いグラス

北欧・フルッタのクリアブルーをscopeで購入

特製の布から中身を取り出した瞬間、めっちゃ可愛いと唸りました。

光に当たるとキラキラ輝いて見えて、日中でも夜のライトの下でも素敵です。

 

クリアはどんな食器にも合わせやすくて、デザートのときもご飯のときも使っています。

クリアは次回2019年5月に入荷予定ですが、以前は人気で即完売していたので狙っている方はメルマガに登録しておくといいかもしれません。

 

ほかのカラーも可愛いです♩

 

フルッタについてこちらの記事にくわしくまとめています。

イッタラ・フルッタ・タンブラーがscopeで復刻 売り切れ続出のイッタラ・フルッタタンブラー|scope別注のカラー展開