➢ 新築マンション・戸建て購入者は5,000円もらえる

レトロな質感でおしゃれ。結婚式のプロフィールムービーをコスパよく外注できるシュシュ

ウェディングムービー

結婚式の演出として主流のプロフィールムービーやエンドロールムービー。

もこ

周囲が結婚ラッシュなのですが、プロフィールムービーを見るの好きです。

 

ムービーは式場に頼むと10〜20万円するケースもあって割高なので、ウェディングムービー専門店に外注しようと検討している方もいるのではないでしょうか。

とにかく費用を抑えたい場合は自作すれば0〜2万円(パソコンやスマホを持っていること前提)でできますが、おしゃれなムービーにしたい、と考える方もいますよね。

 

この記事では、素敵なウェディングムービーをリーズナブルに依頼できる専門店をご紹介します。

今回PRさせていただくシュシュのoldiesは、シンプルながらもおしゃれな、まさに結婚式の王道といえるムービーです☺︎

ウェディングムービーを業者に依頼した体験談

 

わたしも式場のムービーだと10万円以上して勿体なかったので、自分で業者を探しました。

友達の余興ムービーを2回作ったことがあるので、自作しようと思えばできたのですが、仕事が忙しすぎて手が回りませんでした。

20〜30代、仕事に追われてなかなか結婚式の準備に割く時間がない人も多いと思うので、ムービーは外注するのがラクです。

しかも素人が自作するよりも、曲や動画も含めてセンスのいいムービーを作ってもらえるので、式の印象がグレードアップするのは間違いありません。

 

わたしは当時(5年前)、シュシュのoldiesのようなおしゃれなムービーは見つけられなかったので、自分たちで選んだ写真を曲に合わせて流す至ってありきたりなムービーでした。

でもどうせ頼むなら、リーズナブルかつおしゃれなムービーなら尚うれしいですよね。

 

ご紹介するウェディングムービーシュシュ(wedding movie chouchou)の【oldies】は、2020年公開の最新の作品で、センスのよさが溢れています。

 

ウェディングムービーの価格について

 

気になる価格について。

わたしが外注した専門店は、プロフィールムービーだけで約2〜3万円でした。かなり安いほうですが、写真を流すだけのスタイルです。

 

一方シュシュはプロフィールムービーだけだと39,800円ですが、2本目を購入することで1万円OFF(2020.2時点)2本セットで約3万円となり、動画も入れられることを加味したらとてもコストパフォーマンスがいいです。

もこ

いま結婚式を挙げるなら、ここに頼みたかったです。

 

ウェディングムービーchouchou(シュシュ)のoldiesを見た口コミ

コンセプト(オープニング)ムービー

ヴィンテージでおしゃれなオープニングムービー「oldies」

結婚式場を何軒か見学したとき、式場によってはめちゃくちゃ派手でギラギラした感じのオープニングムービーが放映されることがあって威圧されたのですが、

シュシュのoldiesは穏やかで柔らかい雰囲気が特徴的で、とても好印象でした。

 

カフェで流れているかのような曲やムービーで、おしゃれかつ嫌味のないオープニングです。

もこ

フィルムカメラのようなレトロな質感が素敵!

 

ポイント

  • 8mmフィルムやヴィンテージカメラのレトロな質感
  • 黒板をモチーフにしたウェルカムボード
  • フィルムスライドに写真をはめる違和感のない合成

 

プロフィールムービー

レトロな感動演出!プロフィールムービー「oldies」

映写機の音やスクラッチノイズがアナログ感を醸し出して、思い出をたどるプロフィールムービーにぴったりです。

洋楽のプロモーションか映画のワンシーンかと思うほど、きれいなムービーで心踊ります。

 

顔写真ばかりが流れると、場合によっては途中で飽きられてしまいそうですが、こちらは曲の変わり目など随所に動画が入っているので、楽しくみることができました。

ヴィンテージカメラやレコードプレーヤーが映るのもおしゃれでノスタルジックです。

 

ムービー内の3か所(イントロ部分の1か所、おふたりパートの2か所)には自分で撮影した動画を入れることもできます。

※上部サンプルムービーは動画挿入なし(自分で撮影した動画を挿入しない場合はおしゃれなイメージ映像が入ります)

 

ポイント

  • 思い出の写真への懐かしさが強調されるレトロな質感
  • 写真だけでなく動画もレトロに加工される より感動的に
  • 感光したフィルムに浮かび上がるラストのあいさつ文が印象的

 

エンドロールムービー

感動のクライマックスを描くエンドロール「oldies」

一般的なゲストの名前が曲に合わせて流れていくエンドロールです。

小刻みに揺れる感じとか光の使い方がとても美しい。

オープニングとプロフィールムービーとセットにすれば、統一感を持たせてトータルコーディネートできます。

 

ポイント

  • 印象的な動画イメージで ドラマチックで感動的な演出
  • 映写機のスライドにおふたりの写真を自然に合成
  • 感光したフィルムに浮かぶゲストへの感謝のメッセージ

 

oldiesは動画も入れられて一味違うおしゃれなウェディングムービー

 

わたしがいままで見てきたウェディングムービーの傾向からすると、自分たちの写真だけが順に流れるスタイルが多かったのですが、oldiesは動画も入れることができるので、オリジナル感があり惹きこまれました

レトロ調で柔らかい雰囲気が結婚式にぴったりだし、写真と統一した動画はシーンを印象的につなぎ、思い出をより色濃く表現してくれそうです。

 

また、自分で動画を用意するのがむずかしい場合でも、おすすめのおしゃれ動画を入れてもらえるので、労力をかけずに見栄えするムービーが作れますよ。

データはスマホ入稿なのでスマホで撮ったムービーも簡単に入れられるし、とても便利なサービスだと思います。

 

ウェディングムービー専門店のなかでも人気のchouchou(シュシュ)

 

現在(2020.2)インスタグラムのフォロワー数が10700人で、ウェディングムービー制作会社の中では特別に多いので(他は300~多くても6000人程度)、人気のサービスであることが伺えます。

これから結婚式を控えているカップルの方はぜひチェックしてみてください☺︎