\2度目のマイホーム資金を貯めた方法はこちら/

波動の低い人と関わらないほうがいい?家族や職場の人といて疲れる時の対処法

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

友達や職場の人と話していて、「何か合わないなぁ」とか話し終わったあとに「疲れたなぁ」と感じることはありませんか。

そう感じるのは、話をした相手の人の波動が低いのかもしれません。

本来自分らしくいられるはずの家族の中や、1日の多くの時間を過ごす会社の中に、関わるだけで疲れてしまう「波動の低い」人がいたら、どう対処したらいいのか悩んでしまいます。

家族・職場の人だから関わらないわけにもいかないし…

と考えるだけでもストレスになってしまいますよね。

ひよこ
ひよこ

家族や職場に波動の低い人がいたら、どう過ごしていけばいいのかなぁ。

ビションフリーゼ
ビションフリーゼ

対処できる方法や解決方法をチェックしてみよう!

この記事では、スピリチュアルに関心の高いライターが波動の低い人と関わらないほうがいいのか・家族や職場の人といて疲れる時の対処法についてまとめます。

この記事の信頼性

この記事は、カラーセラピスト、パワーストーンセラピスト、マヤ暦アドバイザーとしてイベント出店や個人セッションを行い、タロット初級講座やチャネリング講座も受講済みのライターが執筆しています。

波動の低い人とは

波動の低い人には、言動や見た目に特徴があります

一緒に話をしていたり、他の人と話しているのを聞いたりするだけでも違和感を感じることがあると思います。

また人柄が目立つわけではないのに、なぜか目につく人がいて、見た目から「あの人とは関わらないほうがよさそうだな」と感じる人を目にすることがあると思います。

いずれも、波動の低い人の可能性があります。

波動の低い人とはどのような特徴があるのでしょうか。

波動が低い人の特徴【言動】15個

波動が低い人の特徴【言動】を、1つずつ解説します。

1.ネガティブ

考え方、発言がとにかくネガティブな人です。

まだ始まってもいないことを心配して「〇〇になったらつらい」「もし、〇〇のように言われたら嫌だ」など、自分の憶測でネガティブな考えや発言を繰り返ししてくる人は、波動の低い人です。

2.偏屈

偏屈な性格や偏屈な考え方の人です。

我の強い性格で気難しく、いつも機嫌が悪く見えるので、周りからネガティブな印象を持たれます。

人の話を素直に聞かず、自分の意見を通す「見栄っ張り」な傾向があります。

たとえ自分が間違えていたとしても、素直に認めたり謝ったりすることもしません。

3.感謝しない

何でもしてもらうことが当たり前になっている人です。

わからないことはわかる人が教えてくれるのが当たり前、家にいる人が家事すべてをするのが当たり前、体調不良で休んだのだからその場にいる人が自分の代わりに対応するのが当たり前など、周りの人の支えがあって自分が生かされていることに気が付かない人です。

何でも当たり前という考え方なので、感謝の気持ちをもっていません。

4.目標がない

「将来の夢はなんですか」「自分の目指すところはどこですか」など質問をしても、「別にない」「何も目指していない」と生きることに何の目標も持っていません。

自分の楽しみのためにこれを頑張ろうという意欲もありません。

たとえば、パートナーと旅行の計画を立てるときに、行きたいところや食べたいもの、見たいものも特にないから「あなたに任せる」と言って、生きることを楽しまない人です。

5.悪口ばかり言う

自分は何も悪くなく自分と関わる人が悪いと、口を開けば誰かの悪口ばかり言う人です。

聞いているだけで、波動が下がり低くなります。

悪口ばかり言う人の言葉は真に受けず、さらりと交わしましょう。

6.嫉妬

嫉妬心が強い人は、人を見下したり、嘘や噂で人を批判し、傷つけてきます。

嫉妬するのは、自分よりも周りの人が魅力的だからです。

そのことに気が付かず、自分のほうが優れていると勘違いして、嫉妬を繰り返します

7.自信がないことを理由にする

最初から自信がある人はいません。

人は誰でも、自信がないけれどチャレンジするものです。

チャレンジする回数が増えていくことで、自分に少しずつ「できるかもしれない」とわずかな希望が出てくるものです。

「わたしは自信がないから、〇〇さんに頼んでください」「わたしは出来ないから(わからないから)見てます」と自信がないことを理由に、誰かに押し付けてしまう人には気を付けましょう

8.弱音ばかり吐く

どうせわたしなんて・・・と弱音ばかり吐く人です。

声も小さくて、ボソボソと何を話しているのか、周りには聞こえないくらいの声量でひとりごとをつぶやきます。

「わたしなんて」と謙虚そうに聞こえますが、自分の価値を自分で下げています

9.思い込みによる他者の干渉・介入

「わたしもこうだったから」「あなたにとっては、これが一番いい」と自分の経験から、相手にも同じ経験をさせるような発言や意識をさせることは、干渉です。

本人にしかわからない問題を自分の物差しで判断して、頼んでもいないのに勝手に介入してくることは、自分の思い通りにコントロールしようとする人です。

10.依存や他者への執着

特定の人や場所、考え方や価値観など1つのことに捉われてしまい、そこから離れられないのは執着や依存の関係です。

「〇〇しなきゃいけない」というのは思い込みであり、執着心です。

あなたの人生は、あなたが好きに選んで決めていいのです。

誰かに言われてその通りに生きる人生は、あなたの人生ではありません。

11.文句や愚痴

文句や愚痴は簡単に口にすることができますが、とても波動を下げてしまいます。

文句や愚痴を口にすればするほど、低い波動の現実を引き寄せているのです。

友達や会社の人たちと、愚痴を言っている間はお互いにすっきりするのかもしれませんが、その口に出した言葉の波動と同じ波動が、自分のところへ返ってきます。

12.自慢や過去の栄光にすがる

自慢話も過去の栄光も、相手を下げて見ている証拠です。

自分のほうが優位だとマウントをとっているのと同じです。

自分のほうが優越感に浸っていないと、気持ちが安定せず落ち着かないのです。

空気が読めず、人の気持ちを考えることが出来ないので、気が付けば周りの人が離れてしまい孤独になります。

13.否定する

「もう〇〇歳だから」「お金がないから」などと何に対しても否定的な理由を述べて、行動に移さなかったり、知識や情報をできるだけ収集しようとする人もいます。

何かを始めるのに、年齢は関係ありません。

今までできなかったことを、環境やタイミングが整ったことで始められることもあります。

また、情報や知識は知りたいけどそれを「お金がない」ことを理由に、人から情報や知識を盗もうとする人もいます。

もう年だから・お金がないからと口に出していると、その状況が自分に返ってきますので、老化は早まったり、いつもお金がない状況を引き寄せてしまいます。

14.感情的で攻撃的

いつもイライラしていたり、トゲのある言葉を発して人を攻撃してきます。

自分の思い通りにならないことに、大きな声を出して威嚇してみたり、人を傷つける言葉を平気で何度も使います。

何かトラブルがあれば自分に直接関係なくても介入して、攻撃的に責め立ててきます。

15.人によって態度を変える

自分の上司や目上の人に対しては、人当たりがよくニコニコしているのに、年下の人や自分のほうが優位に立ちたいと感じる人に対しては、威圧的な態度や攻撃的な発言をしてきます。

基本的に本音を話す人ではなく、人を信頼していないので心を開くこともなく、うわべだけの人付き合いしかせず、周りから人が離れていき孤立します。

波動が低い人の特徴【見た目】5個

波長が低い人の特徴【見た目】を、1つずつ解説します。

1.すぐに体調を壊す

規則正しい生活をしていないので、睡眠不足やホルモンバランスが崩れてしまうことで、すぐに体調を壊してしまいます。

波動が低いと次々に体調不良を引き起こしてしまいます。

2.食を大切にしていない

バランスの取れた食事ではなく、好きなものを好きな時に好きなだけ食べていたり、食に興味はないとアルコールばかり摂取して、「食」を大切にしていません

食べ物にも波動がありますので、波動の低いものばかりを口にしていると、自分の波動も下がってしまいます。

3.姿勢悪い

姿勢が悪く猫背の人は、見た目もそうですが、うまく呼吸ができず浅い呼吸となり、波動が下がる原因になります。

ガラの悪い座り方や、常に前かがみになっていると体も歪んでしまいます。

体のねじれは心のねじれでもあります。

4.暗い

雰囲気や表情が暗いと、波動が低くなります

普段から愛想がなく、目つきも悪く暗い顔をしていると暗いエネルギーがまとわりついてしまい、波動を下げてしまいます。

表情が暗いことで、性格や雰囲気までも暗くなってしまいます。

5.波動が低い人に囲まれている

波動の低い人は、同等の波動の人たちと一緒に行動しています。

人の批判や悪口を日常的に口にして、その人たちから離れることができない執着や依存の関係で成り立っています。

そのグループを抜けたら居場所がないと思い込んでいるので、波動の低いところから抜け出せずにいます

波動が低い人と関わらないほうがいい?

波動が低い人とは関わらないほうがいいです。

波動が低い人と一緒にいると、疲れたり気持ちが下がるのは、高い波動の人からエネルギーを奪う「エネルギー泥棒」や「エネルギーヴァンパイア」だからです。

長く一緒にいると波動の低い人と同じ波動になってしまいます。

家族といて波動が合わない・疲れる時の対処法

家族と波動が合わない・疲れると感じる場合は、高い波動を引き寄せる言葉や行動をとることです。

例えば
  • 楽しいことを見つけて「幸せ」「嬉しい」と言葉を発する
  • 神社やお寺、自然の多いパワースポットで波動を整える
  • 観葉植物を部屋に置く
  • 断捨離をして、自分のお気に入りのもの、心がときめく物だけ残す

自然や植物は高い波動を持っています。

自分の波動を上げることで、家族の低い波動を高めることにもなります

みんなで支えあって乗り越えていきましょう!

職場の人といて波動が合わない・疲れる時の対処法

職場の人と波動が合わない・疲れる場合は、距離感を大事にすることです。

例えば
  • 深呼吸で精神を整え、波動を上げる
  • 目を合わせない、視線をずらす
  • 好かれず、恨まれない間柄を保つ

長く一緒にいると低い波動を自分も受けてしまいます。

できるだけ短い時間に対応を済ませましょう。

自分の身を守ることで、周囲との関係を良好に保つことができます

低い波動から身を守るワザ5選

低い波動から身を守るワザを、1つずつ解説します。

1.逃げる

できるだけ関わらないように、その場から逃げましょう

関わる時間が長いほど、低い波動を受けてしまいます。

2.グラウンディング

低い波動を受けないようにグラウンディングして自分にバリアをするのです。

一番簡単な方法は、瞑想や深呼吸し、どんなことがあっても、ぶれないことをしっかりとイメージします。

3.自分の波動を上げる

波動が違いすぎると、次第に関わりが薄くなってきます。

低い波動に引き寄せられないように、短い時間でもいいので好きなことをして、楽しい気持ちでいることが大切です。

4.お風呂に入る

シャワーではなく、湯船につかってしっかりと体を温めてリラックスします。

湯船に入ることで、厄を落とすことにもなります。

浴槽のお湯は、洗濯や掃除に使わずに流しましょう。

5.占い師に相談する

プロの占い師に相談して、オーラや波動を整えてもらいましょう

自分の潜在意識を確認でき、今後の対応策や方向性をみてもらえます。

占いで波動が低い人との相性をチェック

好きな人や気になる人の波動が低いと、このまま諦めるべきか悩むと思います。

好きな気持ちを諦めるのは簡単なことではありません。

プロの占い師に、相性を見てもらい今後の2人の行方を占ってもらえたら、意識が変わり解決策が見つかるかもしれません。

家に居ながらでもスマホで気軽に相談ができる占いがあれば安心ですよね。

全国CM放映で大人気の【電話占いココナラ】はご存知でしょうか。

占い師の数は国内最大級で、会員登録するだけで3,000円無料のクーポンをもらえます

1分100円からの安心価格で、ユーザー満足度97%を超えています。

【電話占いココナラ】の魅力
  • 会員登録すると3,000円分の無料クーポンがもらえる
  • 国内最大級人気の占い師数
  • 1分100円からの安心価格
  • ユーザー満足度97%超
  • レビューが多く安心
  • 評価を元に、お気に入りの占い師を見つけられる
  • 今すぐに話を聞いてもらいたいときに頼りになる

全国の人気占い師が多く、占い師ごとのレビューが豊富なので自分に合う占い師を見つけやすいです。

だれかに話を聞いてほしいときに気軽に安心して相談できるので、プロの占い師に相性をみてもらうとなにかヒントを得られるかもしれませんよ。

波動が低い人との付き合い方まとめ

この記事では、波動の低い人と関わらないほうがいいのか・家族や職場の人といて疲れる時の対処法についてまとめました。

波動が低い人とうまく付き合っていくには、自分の波動を高めて、低い波動のエネルギーに引き寄せられないようにします。

日常的に高い波動でいると、低い波動の人の波動を上げることにもなりますし、高い波動を引き寄せることにもなります。

波動を高める言葉や行動を意識することで、低い波動の人とは自然と関係が薄れていきます。

自分の人生をいい方向へと導くのは、ぶれない自分の意識を強く持つことです。

みなさんも、できることから試してみてくださいね。