ツイッターやLINEのアイコン注文500円〜

仮想通貨にハマって定期預金を解約した主婦。我が家の投資銘柄&スタイル。

仮想通貨、ご存知ですか?

ビットコインなどの価格が高騰して、2017年は「仮想通貨元年」とまで呼ばれていたので、私も気になって色々勉強しました。

で、2017年12月上旬〜実際に投資も始めました!

 

2018年に入ってからは、「コインチェックの仮想通貨ネム(XEM)流出事件」が記憶に新しいですね(つД`)ノ

 

「怪しい」「胡散臭い」と思っている方も多いですが(私も始めは、名前からして怪しすぎるやろ!!!!!としか思いませんでしたが)、仮想通貨は投機対象とされる以前に、本質はインターネットの技術です。

今ではプロジェクトに期待して応援している通貨もあって、これからますます便利な世の中に変わっていくんやろな〜と関心を持っています。

 

2017年はバブルのようでしたが、今後は多くの通貨の中から「本当に使える」「価値がある」通貨だけが残っていくのではないでしょうか?⊂((・x・))⊃

ということで、今日は復習がてら仮想通貨について。

仮想通貨(暗号通貨)とは

仮想通貨とは

仮想通貨とは、インターネット上で使用できる世界共通の電子的な通貨です。

日本円などの法廷通貨のように、物としての形(紙幣や硬貨)はありませんが、ネットワーク参加者の間で物品やサービスの対価に使用でき、法廷通貨にも換えることができます。

 

仮想通貨の起源「ビットコイン」の特徴

現在は、様々な仮想通貨が流通しており、すべてひっくるめて語ることはできませんが、仮想通貨の起源となったビットコイン は、以下の特徴をもって生まれました。

  • 銀行に管理されない(個人間で取引が可能)
  • 分散型ネットワークで管理される(システムのセキュリティが高い)
  • 国際取引における利便性が高い(低コスト、短時間取引)
  • 値動きを利用した投機的側面

特徴を見ると便利そうな反面、管理者がいなくて大丈夫なのだろうか?と不安になります。

ですが、ビットコインをはじめ仮想通貨の「ブロックチェーン」というシステム自体は、取引履歴がネットワーク上のコンピュータに分散して処理されるもので、誰でもその記録を閲覧できますし簡単に改ざんできるものではありません。

ネムが不正流出したのは、「取引所のセキュリティ」の問題であり、個人でウォレットに保管していた人は被害に遭っていません。

つまり、銀行が強盗被害に遭ったようなもので、ブロックチェーン技術自体の信頼性に関わるものではないということです。

ビットコインって何?2017年に暴騰して億り人続出!2018年も稼げるの?

 

仮想通貨(暗号通貨)の名称

仮想通貨は、暗号を利用することで、取引の偽造や情報の書き換えができないようなシステムの特性から、「暗号通貨」とも呼ばれます。

そもそも海外では、「暗号通貨(クリプトカレンシー)」と呼ぶのが一般的。

日本では、2014年のマウントゴックス倒産の件で、「仮想通貨」として報道され一躍有名になった経緯があり、「仮想通貨」という名称が馴染んでいます。

「暗号」というと怪しい響きだから。という諸説もあるようですが、個人的には「仮想」の方が十分怪しいと感じられます……

 

仮想通貨誕生の経緯

世界に初めて誕生した仮想通貨は、「ビットコイン」です。

ビットコインは、2008年にサトシ・ナカモトと名乗る人物が投稿した論文に基づき、2009年に運用が開始されました。

サトシ・ナカモトの考えたシステムが、多くの研究者やプログラマーに支持され、開発、発行に至り、徐々に通貨としての価値が生まれたのですね。

 

2017年4月「仮想通貨法」施行(日本)

2017年4月には、日本の国税庁にて、「仮想通貨法」(情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律案)という法律が施行され、ビットコインの税制度について定義されました。

国が発行する通貨ではありませんが、ビットコインの急速な普及に、国が資産としての価値を認め、決済可能な手段であると位置付けたのです。

 

仮想通貨の価値について

使用者の信頼によって価値が生まれる

通常の法廷通貨(日本円や米ドルなど中央銀行が発行する貨幣)は、国家の信用を基に価値が担保されている一方、仮想通貨の信用は、「ブロックチェーンの技術」によって担保されています。

日本の場合、「円」の価値は日本銀行が信用保管していて、国民はそれを信用して利用していますよね。

仮想通貨の場合は、その通貨の技術やプロジェクトを使用者がどれだけ信用するのかで価値が変わってきます。

 

その通貨が価値あるものだ!と多くの人が信じれば、それだけ価値が上がるし、その通貨に価値はない!と思われれば、価値は下がってしまうということです。

 

仮想通貨を購入するかどうかは、その通貨のプロジェクトや価値をどれだけ信頼するか個人の判断に関わってきます。

今は価格が安定しない投機的側面が強いので、購入は自己責任ですね。

 

それにしても、ここまで仮想通貨市場が世界規模で発展してきたのは、画期的なシステムに魅せられた通貨の価値が多くの人に認められてきたのだと思いました。

 

発行数に上限がある

仮想通貨は、インフレが起きないよう発行数が限られています。

流通量に上限があるので、市場に出回ったとき、欲しいと望む人が多い(供給に対して需要が多い)ほど希少価値が高まるのですね。

 

実用性のない仮想通貨も売られているので、投資対象にするには注意も必要ですが、将来性のある仮想通貨を価格が安いうちに手に入れておけば、資産を大きく増やすことが可能かもしれません。

 

2017年の仮想通貨バブル「仮想通貨元年」

2017年、ビットコインを筆頭にアルトコインへの期待も高まり、儲けを期待して仮想通貨に投資する人が急増しました。

「仮想通貨元年」とまで呼ばれるほど凄まじい勢いでしたね:(;゙゚’ω゚’):

私も一時、投資金が4倍を超えました。

 

仮想通貨市場は価格変動が大きいので、安値で買った通貨が、何十倍・何百倍にも高騰しているケースもあり、仮想通貨への投資で「億り人(資産が億を超えた人)」になった人が多く出現していました。

 

「一攫千金!」

「ビットコイン長者!」

「仮想通貨女子会!」

みたいなメディアの報道を見たら、怖いなーと思いつつ、この波に乗れた人が羨ましいです。

先行者利益ってこういうことかって思いました。

 

本当一生に一度あるかないかのバブルとさえ思えます。

「インターネットが普及した初期に似ている」という意見もありますし、バブルというより黎明期でしょうか。

 

技術自体は今後も普及していくだろうし、コインチェックの一件もあり金融庁も目を光らせているので、少しずつ規制が整い本当に価値ある通貨だけが生き残って、健全な使われ方をしていって欲しいです。

 

私は初心者で知識も浅いので、このくらいの説明しかできませんが、仮想通貨について気になる方は色々調べてみてください(*・ω・)ノ

 

我が家の投資銘柄&投資スタイル

投資銘柄

いくつかコインを保有しているのですが、1番多い割合を占めるのは「リップル(XRP)」という仮想通貨です。

リップルは、現行の国際送金システムを根底から変えていこうと明確なビジョンを掲げているプロジェクトで、すでに世界中の多くの金融機関(メガバンク含む)と提携しています。

いわゆる非中央集権ではなく、法定通貨にも寄り添っている姿勢があって安心できるなーと思ったのが最初の印象でした。

 

今後も法定通貨の決済が主流であると思っているので、仮想通貨の中ではリップルが1番現実的な使われ方をしていく気がします。

リップル社が進めるプロジェクトが成功して、国際送金や様々な価値交換の裏側でXRPが使われるようになったら、価格が高騰するかもしれません(期待…)。

 

投資スタイル「長期投資」

私はトレードスキル皆無なので、情報をよく調べて将来性に期待できると思った通貨を購入・保有しておくだけのガチホールド(長期投資)スタイルです。

すぐに利益確定(円に換金)しようとは思っていなくて、長い目で見て価格が上がってくれたらいいな〜と。

「宝くじ買うより断然確率高いんちゃうか」って感覚で始めましたが、私の定期預金を一部解約して、我が家の家計にしてはわりとがっつり(生活費とは別の資金ですが)投資しています。

 

最後に

ビットコインは仮想通貨のパイオニアですが、流通量の増加に伴い、一部のマイナー(マイニングする人)に報酬が偏っていたり送金詰まりを起こしたりと、問題も浮き彫りになってきました。

ビットコイン以外にも、ブロックチェーン技術を用いて、様々な通貨が独自の価値を見出して、開発されています。

 

少額からでも投資できるので、お小遣いや貯金を少し仮想通貨に換えるくらいなら、家庭がある方でも挑戦しやすいのではないでしょうか?

 

 

注意

あくまで投資は自己責任です。

始める方は他人の意見に依存せず、自分で納得された上で購入なさってください。