➢ 新築マンション購入者は5,000円Get

ハネムーン・タヒチ旅行記|8月の天候とロケーション【口コミ写真】

2015年8月1日〜7日の一週間、新婚旅行でタヒチへ行ってきました。

この記事では、旅行記として、これからタヒチに行く人に参考になりそうな情報を写真とともに記録します。

タヒチってどんなところ?実際の写真でご紹介

記事内の写真はすべて実際に現地で撮影したものです。

 

タヒチは、南太平洋の中央に位置している島々

ポリネシア文化の発祥の地といわれ、首都(パペーテ)のあるタヒチ島、ボラボラ島、タハア島、モーレア島など、 118の島々を総称した呼び名です。

 

国名は「フランス領ポリネシア」。

フランス領であるため、フレンチテイスト漂う高級リゾート地として、ハネムーンでも人気がありますよね。

遠浅で水色の海が美しいです。

海の上にコテージがあります。

ボラボラ島はタヒチの島の中で最も人気の観光地。

オテマヌ山と輝くラグーンが特徴的です✨

 

わたしたちがハネムーンにタヒチを選んだ理由

南国リゾート地が希望

はじめはハワイやヨーロッパも検討していました。

でもハネムーンでは日々の喧騒から離れて、ただただのんびり過ごしたかったので、水上コテージのある南の島を候補にしました。

普段キレイな海を見る機会がほとんどないし、日本では見られない海を堪能したいと思ったのです。

最終的に「タヒチ」か「モルディブ」で迷いました。

時期的な問題

でも仕事の都合上、8月に行くことが決まっていたので、その時期“乾季”であるタヒチに決定しました😊

乾季とは雨が少ない時期のことです。

モルディブは8月は雨季なので、雨女のわたしは避けるべきやと判断しました。笑

タヒチとモルディブの気候

  • タヒチの乾季(4月〜10月)
  • モルディブの乾季(11月〜4月)

 

タヒチとモルディブでは乾季がまったく別時期なので、このどちらかで迷ったなら、時期によって行き先を決めるのがいいのではないでしょうか。

 

ショッピング興味なし

ちなみに、ショッピングやテーマパークなど派手なことを楽しみたい目的があれば、タヒチは不向きです。

「海と山以外、なにもない」と言っても過言ではありません。笑

しかし、海と自然を気の向くままに楽しみたいという人にはタヒチは最高の癒しを与えてくれるはずです。

わたしたちはショッピングなどは求めていなかったし、ハワイは子どもができてからでも行けそうな気がしたので、タヒチを選びました。

ワクワクするような雰囲気を求めるなら、ハワイがいいと思います。

 

一生に一度きりの新婚旅行

タヒチはほかのハネムーン人気地と比べて旅行費用が高めです。

フランス領なので物価も高く、料理も結構お金がかかります。

でも「一生に一度の新婚旅行」「最初で最後(そうであってほしいw)」と思って奮発することにしました。

 

乾季でも雨の日もあり得るという実体験

乾期である8月を選んだのにもかかわらず、1〜2日目は曇りでした。

これはわたしが雨女やからやと思いますw

「天候が悪いこともある」とはわかっていても、なんで自分たちのときに!!っていう気持ちになってしまいました( ;∀;)

家を出たときは快晴で、旅のはじまりに気分が高揚しました。

成田空港でシャワー浴びて、ラフな格好で、アイマスク、スリッパも持参し、睡眠の準備万端で、空路へ!

伊丹→羽田→成田→パペーテ→ボラボラ島という、11時間の長旅を経て

 

到着〜\(^o^)/

南国パラダイス\(^o^)/

ひゃっほーーーーー!!!

 

ってなる妄想完璧やったんですけどね( ;∀;)

生憎の曇り空。ショックでした。

空港でタヒチアンがお出迎え

パールビーチリゾート到着 ウエルカムドリンク

高いお金出してるんやからなんとしてでも晴れてくれ。

祈ること半日…

しばらく立ち直れないほど凹んでいたわたし、

夫に「しゃあないやん」と諭され、なんとか気を取り直しました。

 

現地の雰囲気を存分に味わって、悔いのないよう楽しみ尽くそう!

人生で一度きりの新婚旅行なんだから。

 

気持ちを改めましたところ、3日目以降は晴れました☀️

晴れたらとんでもなく、美しい景観が広がります。

 

タヒチは大抵雨が降ってもスコールだからすぐ止むし、旅行中すべて天気が悪いということはあまりないとは思います。

でも、天気ばかりはどこに行っても同じことが言えますが、本当に運ですね。

あの2日間、わたしは本気で自分の運を呪いました。

 

南国タヒチ、意外と冷える8月の気候

常夏と言われるタヒチですが、8月は1番平均気温が低い月です。

晴れた日でも思った以上に肌寒く、日本よりもかなり涼しく感じました。

 

わたしは女性にしては暑がりなほうだと思うのですが、曇りの日は日中でも長袖カーデガンを着ていました。

夜は上着を着ていても寒かったので、羽織るものは必須です💡

 

寒がりな夫は、案の定、「寒い寒い」とぼやいていました。(だから上着持っていくべきって言ったのに)

 

足元も冷えるので、寒がりな方は靴下もあったほうがいいかもしれません。

地球の歩き方「タヒチの気候」http://m.arukikata.co.jp/weather/PF/

 

タヒチ・ボラボラ島での過ごし方|旅行記(1日目)

ここからは、日記感覚で写真とともに経過を記録します。

1日目は、長旅の疲れがあり、翌日のアクティビティに備えてのんびり過ごしました。

ボラボラ パールビーチリゾート&スパに宿泊

フロントで受付を済ませたら、水上コテージへ。

コテージはリゾート感溢れる開放的なお部屋でした。

 

やや雲っているのが残念ですが、それでも日本では見られない水色の海に感動しました。

 

 ランチ

お昼はプールサイドレストランの「ミキミキ」で、パスタとチキンの串刺しグリルをいただきました。

 

夜はリゾート内を散策しました。

 

 夕食

お昼が遅くお腹は満たされていたので、夜は持参したカップ麺を食べました。笑

タヒチは物価が高いので、ネットでの情報を参考に、食事代をすこしケチったのです。

 

夕食は毎回1人1万円はするので、食事にお金をかけたくない人は、補食を持っていくのがおすすめです。

高級リゾート地に来てまで、みすぼらしいですがw

ケチる目的以外にも、現地の食事に飽きることもあったので、カップ麺があってよかったです。

 

▼つづきは以下。ボラボラ島のレポートです。

タヒチ旅行記|ボラボラ島パールビーチリゾート&スパ【口コミ評判】

 

タヒチ旅行などハネムーンは、無料見積もりで旅行会社を比較しよう

出典:タウンライフ旅さがし

タヒチはハネムーン先として人気のリゾート地ですが、同じく人気のハワイやモルディブと比べて価格が高く、「すこしでも安く、いい旅にしたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

海外旅行って、まったく同じ条件でも旅行会社によって料金やプランが異なりますよね。

一生に一度のハネムーンを最高の旅にするために、複数の旅行会社へ問い合わせして考えたいものです。

 

ただ1社ずつ個別で問い合わせをするのが面倒な方は、 「タウンライフ旅さがし」を使えば、海外旅行の見積もり・プランの一括問い合わせができて便利ですよ。

完全無料で複数の旅行会社へ見積り依頼・問い合わせをすることができます。

 

もちろん、タヒチ以外の旅行先を検討している場合にも利用できます。

タウンライフ旅さがしの使い方
行きたい旅行について、お問合せフォームに入力し、 旅行会社を選択・提案依頼を送信するだけ。

各地域を専門に取り扱う旅行会社が、日程や予算など要望に合わせて最適なプランを無料で作成・提案してくれます。

 

こんな人に人気

  • 新婚旅行を計画中の20〜40代
  • 旅行プランをじっくり検討したい
  • 要望を叶える特別な旅行にしたい

 

▼トラコミュ
タヒチ
海外ビーチリゾート
海外旅行に関係すること

▼ランキング参加

にほんブログ村 旅行ブログ タヒチ旅行へ