新築マンション購入者は5,000円ゲット

掃除しやすいベビールーム!中和室に木製ベビーサークルを設置

赤ちゃんがハイハイして動きが活発になると、目が離せませんよね。

そんなときに、役立つのがベビーサークル。

我が家も、子どもが本格的にハイハイで動き回るようになった生後8ヶ月くらいからリビング横の和室にベビーサークルを設置しています。

中和室をベビールームにしたよ

中和室のインテリア

ベビーサークルとジョイントマットとIKEAのトロファストを設置して、中和室を赤ちゃんのお世話&遊びスペースにしました。

ベビーサークルについて

ベビーサークル(ウッドプレイペン ベビーサークル 123)の口コミ

 

送料無料 木製ベビーサークル123 8枚セット(ホワイト)オリジナルを購入。

我が家は全体的に白と木色の家具が多いので、ベビーサークルも木製の白色を選びました。

設置は、自分1人(20代女)でできるほど簡単で、柵と柵を付属品の固定具(連結樹脂)で繋ぐだけです。

組み立て方
  1. 柵(フェンス)のボタンを押しながら連結樹脂(L型・I型)に差し込む。
  2. 樹脂の底面に滑り止めを貼る。

 

注意
  • 私1人で組め立てられましたが、取扱説明書には2人以上で作業を行うよう記載されています。
  • 平らなカーペットやじゅうたん等の表面の柔らかい床の上で組み立てましょう。

高さは56cmで、157cmの私がひょいっとまたぐことができるくらいですが、急いでいると足をぶつけることもあります。乳児が超えることはあり得ません。

 

ベビーサークルを設置した場所

リビング横の中和室が写真のような構造なので、L字2辺のみで置いています。

注意

本来は、スクエア型かL字型に四角く囲って使うものです。

子どもが柵に掴まり立ちしても倒れることはありません。でも柵をガンガン動かされると音が響いてしまうので、普段はタオルなどクッション性のあるものを壁と柵の間に挟んで音がしないように対策しています。

 

和室の一部にスクエア型にして置くためにベビーサークルを購入しましたが、2辺だけで事足りたので、余った分で「観葉植物」「加湿器」「オムツのゴミ箱」を囲いました。

場所によって使い分けられるので便利です。

子どもをリビングに出すのは大人が近くにいてすぐ対応できる時なので、今使っているベビーサークルはこれだけですが、そろそろキッチンにも柵が必要になってきました。

ものすごい勢いでキッチンに入ってきたり棚を片っ端から開けて物を放っぽり出したり、、子どもの成長って1日だけで変化を感じて驚きますね。゚(゚´ω`゚)゚。

 

掃除をするときの工夫

ルンバを走行させる時は、柵を一時的に和室の隅に移動させます。

日によって左右置き場を変えれば、隅に埃も溜まりません。(とんだ手抜き)

 

ジョイントマットについて

ジョイントマットは、下に埃が溜まりやすく、一面に敷くと私の場合は掃除が面倒になるので、大判4枚しか敷いていません。

畳自体がクッション性が高いので、子どももハイハイしやすそう(ということにする)です。

オムツはジョイントマットの上で交換しています。

 

IKEAのトロファストについて

IKEAの人気商品トロファストは、放り込むだけの収納に加え、引き出しもスムーズで扱いやすいです。

生後8〜9ヶ月にもなると赤ちゃんでも引き出せるので、なんでも放り出されますが、その後の片付けが楽ですし、子どもが大きくなってきたら自分で片付けもできそうですね。

我が家は、おもちゃやオムツを入れています。

今後どんどん物が増えて、いずれ収納が足りなくなりそうですが、都度考えていこうと思います(*・ω・)ノ