\2度目のマイホーム資金を貯めた方法はこちら/

のだめカンタービレ新装版と単行本の違いは?変更箇所やおまけを紹介

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

のだめカンタービレは、2001年から2010年まで女性雑誌「kiss」で掲載されていた大人気音楽ラブコメディ漫画です。

もともとの単行本は全25巻、新装版は全13巻で構成されています。

のだめカンタービレ新装版があるのはご存知の方も多いですよね。

筆者も単行本は全巻持っていますが、新装版は持っていません。

気になるのは、新装版と単行本ではどう違うの?ということではないでしょうか。

ひよこ
ひよこ

のだめファンだけど、どう違うか知らないから気になる!

ビションフリーゼ
ビションフリーゼ

変更箇所や単行本にはないおまけがあるみたいだよ!

この記事では、のだめカンタービレ新装版と単行本の違いは?変更箇所やおまけを紹介し、のだめファンとして調査したことをまとめてみました。

のだめカンタービレ新装版と単行本の違いは?

のだめカンタービレ新装版には、単行本の話の内容はそのままに一部場面の画が変更されている箇所があります。

また、おまけは描き下ろし漫画やその後の番外編などがたくさん掲載されています。

のだめカンタービレ新装版と単行本にはこのような違いがあります。

つまり新装版は単行本をグレードアップしたと言っていいでしょう。

また新装版では、単行本と違い表紙も全て描き下ろしとなっています。

作者の二ノ宮知子が描くタッチが当初ののだめとは少し変化していることも味ですね。

のだめカンタービレ新装版は、のだめファンであってもなくても、内容がとても充実していて読み応えがありますよ。

番外編では、のだめたちのその後が描かれ、ふたりがどうなったか見届けることができます。

必見です!

ひよこ
ひよこ

どこが変更されているんだろう?わくわくするね

ビションフリーゼ
ビションフリーゼ

読み比べてみるのもおもしろいかも!

のだめカンタービレ新装版で変更された箇所とは?

ミルヒーがうしろからのだめの胸をつかんでいる描写が、新装版ではうしろから肩に腕を回す描写に変わっています。

そのシーンは新装版、単行本ともに61話の画です。

パリにいるのだめの元へ急に現れたミルヒー。

うしろからのだめの胸をつかんであいさつし、その直後ボコボコにされるというシーンです。

見比べてみると、セクハラがだいぶ和らいだシーンになっていますね。

ですが、ボコボコにされるのは変更されていないところに笑ってしまいました。

急にうしろから肩に腕をまわされるのもびっくりはしますが、ここまではしない気もします。

でもボコボコにされている…。

ミルヒーの普段の行いが悪いことの現れですね。

画が変更されているのは、どうやらこのシーンだけのようです。

そして気になるのは、なぜ変更されたのかということですよね。

次の項で説明していきます。

のだめカンタービレ新装版でセクハラシーンが変更となった理由は?

作者である二ノ宮知子さんが、ご自身の意図で修正したことがわかりました。

Twitterのリプ欄ででこう発言されています。

「久々に見たら、自分が引いたので、ちょっと直しましたよ。今のわたしの感覚で同等かな。」

「コンプラとかじゃないです。」

「私の中にも色々な時代があるようです。」

「単に自分が引くようなものを出すのは嫌なので。」

コンプライアンスの問題などではなく、二ノ宮知子さんご自身の感覚が変わったからということなのですね。

当時からもう10年以上経過すれば、感覚が変わってくることもありますよね。

リプのコメントの中には、ミルヒーのエロがマイルドになったと寂しがる声もありました。

ですが、作者さんご自身の作品を自身の感覚でアップデートしていくことはありだと筆者は思っています。

こんな違いを見つけることも楽しいですよね♪

発見された方はすごいです!

ひよこ
ひよこ

探せばもっとあるのかも?

ビションフリーゼ
ビションフリーゼ

宝探しのような気持ちで見比べて読んでいくのもいいね!

のだめカンタービレ新装版おまけや描き下ろし番外編の紹介

のだめカンタービレ新装版は全13巻で、おまけ漫画は巻により違いがあり、約6~19ページほどです。

描き下ろし漫画であったり、幻のファンブックから収録されたものであったり。

単行本と比べると、ボリュームがすごく読み応えはたっぷりです。

おまけの一部を紹介していきます。

時代に合わせて、のだめワールドでもリモート飲みが開催されていたことも…。

こちらのリモート飲み会もおまけとして収録されていますよ。

みんな少し大人になっていて感慨深いものがありますね。

そして、特に気になるのはのだめと千秋のその後だと思います。

単行本は25巻で完結していますが、結婚はせずにお互いの道を極めていくかたちで幕を閉じていました。

もうのだめと千秋のその後は見られないのかな…と思っていましたが、

のだめと千秋のその後は描き下ろし漫画前編・後編として新装版13巻に収録されています。

作者の二ノ宮知子さんも気合いを入れて書いていたことがうかがえました。

のだめと千秋ふたりの結末として、読者も納得のいく結末を見届けることができますよ。

のだめカンタービレその後の読み切りはどこで読める?ネタバレ感想まとめとして詳しく書いた記事もあるので、購入前に気になる方はチェックしてみてくださいね。

のだめカンタービレその後の読み切りはどこで読める?ネタバレ感想まとめ のだめカンタービレその後の読み切りはどこで読める?ネタバレ感想まとめ
ひよこ
ひよこ

こんなにおまけが充実していたら買って読みたくなっちゃうよ

ビションフリーゼ
ビションフリーゼ

全ての巻が気になってしまうのも無理ないね

のだめカンタービレ新装版の口コミ

のだめカンタービレ新装版の口コミを見ると、「読んでよかった!やっぱりおもしろい!」という意見が多いことがわかります。

もともと単行本を読んで内容を知っていても、改めて読むとその面白さにのめり込んでしまうのですね。

筆者も単行本を持っていますが、また買いそろえてもよいのでは…と思ってしまいます。

それはやはり、もともとの面白さだけでなく、おまけ漫画のボリュームにあります。

新装版2巻の描き下ろし漫画が狂気的って、一体どんな内容なんだろう…と気になってしまいます!

特に、新装版13巻は好評のようでした。

「千秋の愛がでかすぎる」「終わり方がふたりらしくて最高だった!」などの口コミが多かったです。

逆に、つまらなかった、買わなければよかった…などの口コミは発見できませんでした。

のだめカンタービレは、やはり名作といえる漫画なのでしょうね。

まとめ

のだめカンタービレ新装版と単行本の違いは?変更箇所やおまけを調査しまとめました。

のだめカンタービレ新装版は、単行本よりもグレードアップしている本だと思います。

変更された箇所も作者二ノ宮知子さんの意図であったことがわかり、時代や意識の変化とともに画も変わっていったことは納得です。

そして、おまけがとても充実していて、読み応えがあり口コミを見ても、読んで損はない!ということですね。

変わるものがあっても、今でも色褪せない面白さがある。

のだめカンタービレ新装版も、ぜひ手に取って読んでみてくださいね。