\2度目のマイホーム資金を貯めた方法はこちら/

中古住宅の内覧が汚いと買いたくない!カビだらけ物件の対処法を調査

中古住宅の内覧が汚いと買いたくない!カビだらけ物件の対処法を調査

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

そろそろ住宅を購入しようかな、とお考えのかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

住宅は一生に一度の大きな買い物になりますので、後悔のないように慎重に決めたいですよね。

そこで重要になってくるのが、内覧です。

特に、まだ住んでいる人のいる中古住宅の購入を考えているのであれば、しっかり内覧することはとても大切です。

希望している場所で、価格も予算内の気に入った住宅が見つかり、期待に胸をふくらませいざ内覧してみると、家の中は荒れ放題、汚れてカビだらけの物件だったとしたらどうでしょう。

どんなに希望どおりの住宅でも買う気が失せてしまいますよね。

この記事では、中古住宅の内覧が汚いと買いたくない!カビだらけ物件の対処法をまとめます。

中古住宅の内覧が汚いと買いたくない理由

中古住宅の内覧が汚いと買いたくない!カビだらけ物件の対処法を調査

せっかく気に入った物件を見つけたとしても、内覧したときにあまりに汚いと、買いたくなくなってしまいますよね。

なぜそのように思ってしまうのか、口コミや理由を調べてみました。

1.とにかくお金がかかりそう

多くの口コミを拝見しましたが、買ったあとにお金がかかりそうという意見がとても多い印象です。

高いお金を払って住宅を購入したのに、快適に住めるようにするための修繕や清掃などにまた多くのお金がかかりそうで買いたくないと思ってしまう気持ちもわかりますよね。

2.見た目や独特のにおいで不快感

口コミを見てもわかりますが、やはり見た目はとても大事ですよね。

家の中が、汚れやカビでいっぱいだと、ここに住みたいとはどうしても思えないものです。

またカビだらけの家は、独特の湿っぽいにおいもあり、不快感から買いたいと思えないということになるのかもしれません。

3.ひどいカビや汚れで体調が不安

汚れやカビなどの不衛生な環境が、体に悪影響を及ぼすのではないかと心配する口コミもみられました。

実際に、咳や喘息・アレルギー皮膚炎など、カビや汚れが引き金になって発症する例も報告されています。

せっかく手に入れたマイホームのせいで、健康を害してしまうのでは元も子もありません。

そういう理由から、買いたくないと思ってしまう人も多いようです。

4.リフォームでどこまで変わるか不安

このような口コミも多く見られました。

こんなに汚い家が、リフォームでどこまできれいになるのだろう、本当にきれいにできるのかなと不安になるんですよね。

また、リフォームを終えてきれいになった完成形をイメージするのもむずかしいので、なかなか買う決心がつかないというのもあるでしょう。

5.売主とかかわりたくない

今までとは少し違った理由になりますが、「売主とはかかわりたくない」という口コミもありました。

内覧をするために人が来るのに、部屋は散らかり放題でかたづけもせず、掃除もされていなくても何とも思わないズボラな売主のことですね。

住宅を購入する際は、売主との打ち合わせや、条件などを話しあう機会も多くあります。

それを考えると、このようなズボラな売主よりも、室内を常にきれいにして大切に使っていた売主から家を買いたくなりますよね。

内覧時の家の状態でかんじる売主の印象で、買いたくないと思う理由になることもあるようです。

中古住宅の内覧が汚くてもリフォームで変わる?

希望どおりの中古住宅が見つかったのに、内覧の汚さがネックになって買う決断ができない、リフォームすれば変えることができるのだろうか、と思ったことはありませんか?

結論から言うと、内覧が汚くても、リフォームすることで、快適に住みやすく変えることはできます

立地や間取りなどの条件を満たし、価格も予算内におさまっている中古住宅は、そうそう見つけられるわけではありません。

ですから、希望どおりのお気に入りの中古住宅を見つけることができたら、その住宅の内覧が汚いからという理由だけではあきらめたくありませんよね。

そういうときには、リフォームがおすすめです。汚れやカビなどもリフォームすることで解決できますよ

最近では、新築物件の価格が上昇していることもあり、価格の安い中古住宅を購入して、自分好みにリフォームする人が増えています。

内覧が汚かった中古住宅が、リフォームすることによって、自分の理想の住宅へとどのように生まれ変わるか、出来上がりがとても楽しみになりますね。

中古住宅で汚いカビだらけの物件の対処法

では、汚い中古住宅を買ったあと、気持ちよく住めるようにするためには、どのようにしたらいいのでしょうか。

汚れやカビだらけの中古物件の対処法をご紹介します。

ハウスクリーニング

プロの掃除屋さんに、ハウスクリーニングをしてもらいましょう

家一軒を丸ごとクリーニングしてもらうイメージです。

プロの清掃屋さんは、私たちがふだんの掃除には使わないような専門の道具や技術を使って、カビや汚れをきれいに取りのぞいてくれます

また、私たちでは見落としてしまいがちな場所や、手のつけにくい場所もビカピカにしてくれますよ。

クロス張り替え

クロスを張り替えるのもおすすめです。

クロスは、使っている面積が大きいので、張り替えるだけでガラッと印象が変わります。

クロスの汚れは、その家の生活の仕方によりだいぶ違いがでてくるものです。

子どもがいる家庭なら落書きやシールのあとなどもあるでしょうし、たばこを吸う人がいるとヤニのせいで真っ黄色になってることもあります。

そのような汚れの目立ちやすいクロスを張り替えることで、見た目もとてもよくなります

フローリング張り替え

フローリングの張り替えをすることでも、汚いという印象はずいぶん変わります。

フローリングは、傷やいたみ具合が目につきやすいところですよね。

ものをおとした跡や引きずったような跡、その他にも大小の傷などがあるでしょう。

また、生活をするのに、冷蔵庫や、テーブル、ソファなど重たい家電や家具を置きますので、どうしても劣化し、汚く見えてしまいます。

これも、フローリングを張り替えれば、明るくきれいな印象へと変えることができますよ

水回りのリフォーム

キッチン・トイレ・お風呂場などの水回りは、カビが発生しやすいため汚れもひどくなりやすいです。

また、設備も劣化しやすいため、リフォームの大事なポイントになります。

前述したように、プロの清掃屋さんにハウスクリーニングをたのむことで、だいたいのカビや汚れはきれいに落とすことができます。

しかし、普通の掃除もしっかりされていなかった場合だと、真っ黒なカビが深く根づいてしまい、すべてを完璧に落としきることがむずかしいケースもあります。

そのような場合には、その場所の完全リフォームを考えてみるのもいいかもしれません

キッチン・トイレ・お風呂場、どこをリフォームするとしても同じですが、今まであるのをとっぱらって新しくするのですから、見栄えはもちろん、気持ちよさも格別となるでしょう。

汚い中古住宅を高く買い取ってもらう方法

これまで見てきたように、カビだらけで汚い住宅でも買う側のリフォーム次第で、きれいに住みやすい家へと変えることができることがわかりました。

それとは逆に、汚い中古住宅に住んでいて、事情により家を手放すことになったとき、「この現状のままで高く買い取ってもらう方法はあるのか」と気になるかたもいらっしゃるでしょう。

そこでご紹介したいのが、「リノベ不動産」という会社です。

主に中古物件やリノベーションに特化した会社ですが、物件探しから室内デザイン・施工、それにかかるお金やローンの相談など、幅広く対応してもらうことのできる会社です。

最近は、あえて価格の安い中古物件を購入して、中身すべてを解体してリノベーションし、自分の理想どおりの物件を新たにつくっていくというスタイルを選ぶ人がとても増えています。

そういう理由から、中古住宅の需要も増えており、リノベーションではすべてを解体しますので、住宅の古さや汚さは関係ないということになりますね。

結果、汚い住宅でも買い取ってもらえるのです。

古く汚い中古住宅だけど売りたいという人はもちろん、これから中古住宅を購入して、自分の理想とする住宅を手に入れたい人にとって、リノベ不動産はとても頼りになる会社です。

一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事では、中古住宅の内覧が汚いと買いたくない!カビだらけ物件の対処法をまとめました。

いかがでしたでしょうか?

住宅の購入は、一緒に一度の大きな買い物になります。

条件にあった希望どおりのものが見つかったとしても、その家が汚くカビだらけだと、がっかりしますよね。

だからと言って簡単にあきらめることもできません。

しかし最近では、どんなに古く汚い家でも、リフォームやリノベーションにより、気持ちよく快適な家をつくりあげることができます

自分たちにとって一番ベストな方法を考え、思い描く理想の家を手に入れたいものですね。