\2度目のマイホーム資金を貯めた方法はこちら/

白だしの代用にめんつゆを使う時の分量は?レンジでの作り方や違いも紹介

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

みなさんのご自宅にはどんな調味料がありますか?しょうゆやみりんや酒などでしょうか?

忙しい方は毎日のご飯作りを時短で簡単に済ませたいと思うのではないでしょうか?

そんな時に重宝するのが万能調味料である白だしです。

白だしは昆布やかつおぶし、しいたけなどから取るだし汁に薄口しょうゆや白醤油、みりんなどの調味料を加えた和風の調味料です。

しょうゆやみりんで味付けされているため、白だしがあれば簡単に味が決まるのです。

そんな万能調味料の白だしですが、めんつゆでも代用できるのでしょうか?

ひよこ
ひよこ

煮物を作ろうとしたけど、うっかり「白だし」が切れてる。どうしよう。

ビションフリーゼ
ビションフリーゼ

家にある「めんつゆ」で代用できないかな。

この記事では、管理栄養士のライターが白だしの代用にめんつゆを使う時の分量や白だしに近いだしの作り方についてまとめます。

白だしの代用にめんつゆを使うときの分量は?

結論から言うと白だしの代用にめんつゆは使えます

めんつゆを白だしの代用として使う分量としては白だしと同量で使ってください。

ただ、白だしに比べるとめんつゆのほうが甘いため料理によっては好みが分かれます。

甘い卵焼き派か甘くない卵焼き派か分かれるのと同じですね。

SNSの口コミのよれば、白だしとめんつゆではめんつゆのほうが色が濃いので、卵焼きや里芋の煮物などの色を付けたくない料理には向いていないようです。

白だしの代用をめんつゆで作る方法

では、めんつゆを使ってもっと白だしに近づけるにはどうすればいいのでしょうか

こんな口コミを発見しました。

なるほど、調味料によって料理に向き不向きがあるようです。

甘さが苦手なかたには、めんつゆで代用すると甘くなりすぎてしまいお好みの味にはならないようです。

鍋での作り方

めんつゆを使って、もっと白だしに近づけるように以下にレシピをまとめてみました。

めんつゆを使って白だしを作ろう
  • めんつゆ   60g
  • 料理酒    20g
  • みりん    20g
  • 昆布     3センチ角1個

めんつゆ:みりん:酒を3:1:1の割合で混ぜ最後に昆布を容器に入れ沸騰させればできあがりです。

お子様がいらっしゃる場合は3分ほど加熱するとアルコールが飛ぶので安心ですね。

電子レンジでの作り方

鍋で煮るのが面倒な場合は上記の材料を耐熱皿に入れて電子レンジでチンして沸騰させるのもいいでしょう。

電子レンジで煮切る場合は、ラップをかけない状態で電子レンジに入れ、様子をみながら1~2分ずつ加熱して沸騰させます。

加熱し終わったものは沸騰していて熱いので気をつけて、20~30秒放置します。

保存料が入っていないため、できあがったら密閉容器に入れ冷蔵保存し1週間以内に使い切ってください。

白だしの代用を顆粒だし(ほんだし)で作る方法

鍋での作り方

今度は顆粒だしをつかって白だしの味に近づけてみます。

顆粒だしを使って白だしを作ろう
  • 料理酒   100g
  • みりん    50g
  • 塩      小さじ2強
  • 薄口しょうゆ 小さじ1と1/2
  • 顆粒だし   小さじ1と1/2

すべての材料を鍋に入れて、煮立たせてアルコールを飛ばせばできあがりです。

電子レンジでの作り方

電子レンジで煮切る場合は、ラップをかけない状態で電子レンジに入れ、様子をみながら1~2分ずつ加熱して沸騰させます。

加熱し終わったものは沸騰していて熱いので気をつけて、20~30秒放置します。

このように鍋を使うのは面倒だけどアルコールを飛ばしたいときにはレンジを使うのもありですね。

この作り方を覚えておけば、白だしが切れていても、買いに行くよりも簡単に時短でそして家にあるもので作れますね。

ただ、自家製の良いところは無添加なところですが保存料も入っていないため日持ちしません。

密閉容器に入れ冷蔵保存で1週間以内に使い切ってくださいね

https://twitter.com/ruuuuu715_ruu/status/883280573648601088?s=20&t=WLdXs32SqSqLy-F12cH6iA

SNSの口コミによれば、白だしの代用としてめんつゆ、顆粒だしのほかにだし醤油や昆布だしなどでも代用できるようです。

白だし以外の調味料も意外と代用できるんですね。中でもみりんが酒と砂糖からできているのは有名な話ですが実際作ったことはありませんでした。切らしたら代用で作ってみるのもありですね。

白だしとめんつゆの違いは?

めんつゆは1979年頃から販売されています。一方、白だしは1994年から販売されています。

意外と白だしは新しい調味料だったんですね。

白だしとめんつゆの違いは、白だしは白しょうゆや薄口しょうゆを使用しているのに対して、めんつゆは濃口しょうゆを使用しています。

白だしのほうが色が薄いのはこのためです。

味は、めんつゆのほうが甘めの味になっています。

塩分は、白だしのほうが塩味が強く感じる味になっています。

そのため白だしとめんつゆで合う料理、合わない料理があります。

好みの問題でもありますが、一般的に白だしは色を余りつけたくない料理のだし巻き卵や里芋の煮物などに向いています。

一方、めんつゆは甘みが強いので甘めの煮物に向いています。

こうしてそれぞれの特性がわかると、使い分けもできますね。

まとめ

今回は白だしの代用にめんつゆを使う時の分量や白だしとめんつゆの違いについて調べてみました。

白だしはめんつゆでも同量にて代用可能とわかりました。

もっと白だしに近づけるには、めんつゆ:みりん:酒を3:1:1の割合で混ぜ最後に昆布を容器に入れ沸騰させればできあがります。

白だしの代用としては、めんつゆのほかに顆粒だしでも代用できます。

白だしの代用としてめんつゆを使うときは、色が付きやすかったり、甘めだったりするので料理によって向き不向きもあります。

それぞれの調味料の特性を知って料理上手になりたいものですね。