\2度目のマイホーム資金を貯めた方法はこちら/

出会うべくして出会う人のスピリチュアルサイン25選︱本当に運命の人の特徴

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

この人とは「出会ったときからフィーリングが合うな」「初めて会った気がしないな」「なぜか距離が縮まるのが早いな」と思う経験はありませんか。わたしは夫との出会いに運命を感じた1人です。

もしかしたらあなたにも、この人とは出会うべくして出会ったと言い切れる相手が存在するかもしれませんね。

ビションフリーゼ
ビションフリーゼ

出会うべくして出会う人と出会ったとき、一体どんなサインがあるのかチェックしておこう

この記事では、出会うべくして出会った人のスピリチュアルサインや意味、運命のタイミングについてまとめます。

Contents

出会うべくして出会う人のスピリチュアルサイン25選

1.ビビビ!と衝撃が走るような出会い

「ビビビ!」と衝撃が走るような出会いは、一瞬で人生を変えるような、非常に強い感情的な人との出会いのことです。

強い魅力や共感を感じたり、自分自身の内面に大きな変化をもたらすような気づきを与えたりするような運命的な出会いを指します。

このような出会いは、たとえば恋愛関係での初対面での出会いや、仕事や学校での新しい人の出会いなど、さまざまな場面で経験することができます。

わたしも自動車免許の教習所で夫と知り合ったとき、言葉にすると小っ恥ずかしい気もしますが、ビビビっときて運命的な出会いをしました。

わたしが教習所退所の日で夫は入所の日だったこともあり、その日出会わなければ、おそらく運命の歯車は変わっていたと思います。人との出会いで直感的にビビビ!ときたのは、人生で初めての経験でした。

そしてその頃、わたしは失恋したばかりだったのですが、不思議と彼とはとんとん拍子に付き合うことになり、5年後に結婚しました。

このようにビビビっときた相手は、まさに「出会うべくして出会う人」かなと思います。

ただし、ビビビ!と衝撃が走るような出会いは、ポジティブなものばかりではなく、危険を察知しているケースもあるようです。 感情的になり過ぎず、冷静に状況を把握することも大切です。

2.これからずっと一緒にいる気がする直感

「これからずっと一緒にいる直感」とは、特定の人物との関係を長期的かつ深いものとして感じる強い予感や感覚のことを指します。それは本能的な感性や直感力によって生まれます。

たとえば、初対面であっても、その人物との出会いが自分にとって重要であると感じる場合に生じます。

わたしも前述した夫との出会いの場面で、「この人とずっと一緒にいる気がする…」と強く直感しました。

いま思い返しても不思議な感覚でした。「結婚する」とまでは思いませんでしたが、「この人とはこれからの人生を一緒に歩んでいく」と感じたのです。

おそらく付き合うことになるだろうなとの直感はすぐに現実のものとなりました。

それまでの恋愛は追いたいタイプでグイグイきてもらうのは苦手でしたが、彼と出会ったときはアプローチされてもまったく嫌な気持ちになることはなく、こちらも積極的になり距離は一瞬で縮まったのです。

出会うべくして出会ったと感じるできごとでした。

ただし、これからずっと一緒にいる気がする直感を感じた場合でも、その関係が成功するかは人によるようですので、自分自身が納得できるような選択をすることが重要です。

3.フィーリングが合う

フィーリングが合う関係性とは、お互いの気持ちや考え方、感性などが似ているため、自然な形でコミュニケーションが取れる関係性のことを指します。

フィーリングが合う人の特徴
  • 価値観・趣味・嗜好が近い・・・同じ趣味や共通の好きな音楽や映画があると、お互いに話が盛り上がりやすく、共感しやすくなる。
  • お互いに気遣いをし合える・・・一方的に自分が相手に気を遣っているだけでなく、相手も自分に対して気遣いをしてくれるため、お互い支え合える関係になる。
  • 自然なコミュニケーションが取れる・・・言葉の裏にあるニュアンスや気持ちを察することができたり、お互いの言葉に対して共感や理解が生まれやすくなったりする。
  • お互いにストレスを感じづらい・・・嫌悪感がなく、好意的に相手を見れるため一緒にいてストレスを感じない。

理由もなく相性がいいなと感じたり、何度も会いたいという相手はフィーリングが合うと言えます。

わたしも出会ったときからフィーリングが合うなと思う友達がいます。

一緒にいて楽しくて馬が合うといいますか、会うと元気になれてまた会いたいなって思います。

その人と話しているだけで気持ちが安らいだり、癒されたりすると出会ったことに意味を感じられ、出会うべくして出会ったと思いますね。

4.波動が似ている

「波動が似ている」とは、相手と自分のエネルギーや感覚、霊的なものなどが共鳴し合っている状態を指します。

波動が似ている人の特徴
  • 感性が似ている・・・同じようなことに共感し、同じようなものに感動しやすいため、お互いに共感しやすく、話が盛り上がりやすい。
  • エネルギーが共鳴する・・・お互いのエネルギーが共鳴しているため、一緒にいるとリラックスして安心する。
  • 相手の気持ちを察することができる・・・相互理解がしやすく、コミュニケーションがスムーズに進む。
  • 同じ方向を向いている・・・目指す方向性が一緒だったり、同志だったりする。

以上のような特徴を持つ相手とは、自分自身の成長につながりやすく、幸福感を高めることができるため、人生において大切な存在となります。

ビジネス仲間とは波動が合うなと感じることが多いです。

明るい未来を夢みる向上心のある人やポジティブな人と相性がいいなと感じます。

自分の性格によって合う人も変わりますよね。

そのような波動が似ている相手とは互いに引き寄せられることがあります。同じエネルギーを持った者同士が自然に集まるということです。

波動が似ていることから互いに似たような行動をとるともいえますね。

5.初めて会った気がしない居心地のよさ

初めて会ったのに、居心地が良く、まるで以前から知り合いだったかのように自然なコミュニケーションができる相手っていますよね。

初めて会った気がしない居心地のよさを感じる要素
  • 共通点・・・興味や背景、環境、人生観、価値観が似ている。
  • コミュニケーション・・・すぐに関係性を築ける。
  • 雰囲気や空気感・・・共通の友人や環境があれば、自然に会話が弾みやすく、雰囲気が良くなる。

以上のような要素が絡み合って、初めて会ったのに居心地の良さを感じることがあります。

わたしも夫と出会ったとき、最初から自然と話が弾んで、どことなく育ってきた環境が似ているのかなと感じ、安心感がありました。沈黙も苦痛じゃありませんでした

そこまで居心地のいい相手は出会うべくして出会った相手といえるでしょう。

6.偶然が重なって何度も再会する

自分と相手の間で偶然な出来事が複数回起こり、何度も遭遇する状況のことです。

わたしも夫と出会った当初、なぜか電車で彼の同級生(わたしは知らない人たち)が彼のフルネームを出して噂話をしているところに遭遇したり、母と2人で外食に行った先で彼と友人たちが店内にいるのを発見したり、彼の友人と知り合いになったり、仲のいいバイト仲間が彼の親友のお姉さんだったことをあとから知って仰天したり…

挙げたらキリがないほど、奇妙なほどに偶然が重なって、親近感をどんどん感じた経験があります。

びっくりするくらい遭遇したりその人の周りの人と何故か繋がることが多かったりする場合、運命の相手かもしれませんよ。笑

7.不思議とタイミングが合う

不思議とタイミングが合うとは、自分が何かをしたいと思っていたり、何かが必要だったりするときに、その必要なものや人がまさに現れる状況のことを指します。

たとえば、遠く離れた友人に久しぶりに思い出して連絡を取ったら、ちょうどそのタイミングで友人も自分に会いたいと思っていたような状況が挙げられます。

わたしも友達から連絡が来るタイミングでそのような不思議な縁を感じる機会がありました。

このような状況に遭遇すると、不思議な感覚に陥り、宇宙や自分自身の存在について考えたり、スピリチュアルな存在について考えたりする人もいるでしょう。

8.頑張らなくてもすぐに打ち解けて距離が縮まる

頑張らなくてもすぐに打ち解けて距離が縮まるとは、心を許せてありのままの自分でいられることです。

学校やバイト先、職場でもそのような相手がいませんか。

一緒にいると緊張したり、ギクシャクして話しづらかったり、間がもたなかったりする相手がいる一方で、頑張らなくてもすぐに打ち解けてあっという間に距離が縮まる相手っていますよね。

そのような相手とは出会うべくして出会ったと感じますね。

9.楽しさだけでなく悲しみを共有できる

楽しさだけでなく悲しみを共有できる相手は、自分が心を開いている信頼できる人です。

楽しさは比較的簡単に他人と共有できますが、悲しみは近い存在の人にしか打ち明けないと思いませんか?

人は他人に弱みをみせることに抵抗感があるので、悲しみは共感してくれる大切な人にしか話さない傾向があります。

自分の悲しみをわかってくれる相手がいることで、気持ちが楽になるでしょう。そういった相手がいると出会ったことに喜びを感じられます。

10.見返りを求めない愛情をもてる

愛情を注ぎたいと思った時に見返りを求めないとしたらそれは無償の愛と呼べます。

誰にでも見返りを求めず愛情を注ぐことはむずかしいことです。

この人になら裏切られても良いという覚悟で付き合える人がいるとしたらそれはとても有意義な関係と呼べるのではないでしょうか。

11.心から幸せになってほしいと願う

この人には心から幸せになってほしいなと漠然と思ったことはありませんか。

それは誰にでも思えることではないです。その人の本来の姿を知っているから幸せになってほしいと願うのです。

幸せになってほしいと願える人に出会ったことはそれだけで意味がありますね。

12.価値観が似ている

価値観が似ていると、気持ちをわかってあげられることが多くなります。

自分の気持ちもわかってもらうことができます。

一人で孤立してしまったとしても、そういう価値観が似ている相手がいると安心できますね。

13.お互いにない部分を補い合える

お互いにない部分を補い合える関係があるとしたら、それは出会うべくして出会ったと言えます。

たとえば、一方が頑固だったとしても、もう一方が歩み寄ることができれば関係を長くつづけることができると思います。

わたしも夫とは性格が違って、お互いにもっていないものをもっているなと話しています。

もこ
もこ

わたしは理想主義で楽観的で行動派ですが、夫は現実主義で保守的で慎重派です。

そんな相手でも気持ちに寄り添えるのならば2人の関係は成立しますし、むしろ家族としては助け合えるのでメリットが多いです。

ない部分があったとしても補い合うことで人生の質が向上することもあります。

14.前世のカルマでつながっている

前世のカルマで繋がっている相手とは、過去の生まれ変わりの中で、因縁や関係があった人物のことを指します。

たとえば、過去の生まれ変わりの中で、ある人物がほかの人物に対して嫉妬や憎しみを抱いていた場合、その感情がカルマとして残り、今世でも同じ感情や行動を引き起こす可能性があります。

逆に過去の生まれ変わりの中で、強い絆で結ばれた人物同士が、今世でも再会して、強い絆を感じたり、正しく支え合ったりすることもあります。

誕生日占いでの関係性ですが、わたしは夫とカルマの関係(因縁の関係)のようです。縁があって出会ってこれまで、ケンカは毎度はげしいのでたしかになと思いました。笑

喧嘩するけど離れられない相手で、成長させてくれる相手なのかなと思います。

前世のカルマでつながっている相手とは、不思議な縁を感じることが多く、自然に引き合うことから、出会うべくして出会う人といわれています。

15.尊敬できる部分がある

尊敬できる相手は、一般的には道徳観念を持っている人やポジティブで前向きな人、知識やスキルが豊富な人、社会的地位や実績がある人がよく挙げられる傾向にあります。

ただし、尊敬できる相手というのは、個人の価値観や人生観によって大きく異なる場合がありますよね。

そのため、今回は自分が目指す人物像に近い人を思い出してみてください。

目指す人物像や理想に近い人には、尊敬の念が生まれますよね。

尊敬できる人というのはその人を心から認めてすごいなと感じる相手です。

出会ってお互いを知る中で尊敬ができる部分を見つけられたということは、とてもハッピーなことですね。

16.愛し抜けるポイントがある

B’zの曲「イチブトゼンブ」にある歌詞で、「愛しぬけるポイントがひとつありゃいいのに」というのがあります。

わたしはこの言葉が好きです。

正直、夫とは運命的な出会いを果たしたものの、趣味や性格はまったく合わないので、衝突することが多々ありますが…愛し抜けるポイントがあればずっと添い遂げられるのかなと思います。

17.ツインレイで強烈に惹かれ合う

ツインレイは、スピリチュアルの考え方において魂の双子のような存在といわれています。宇宙が創造された際に、同じ魂から分かれた存在で、魂の深いつながりを持っているのです。

ツインレイの関係は、非常に深く、強く、不思議なものです。恋愛やロマンチックなものだけでなく、プラトニックなものや、親子関係、友情など、なんらかの目的を果たすために引き寄せあう相手とされています。

つまりツインレイは唯一無二の相手ともいえるでしょう。

必ずしも結婚相手や恋愛の相手というわけではないのですが、互いに惹かれ合います。

18.ツインソウルで強烈に惹かれ合う

ツインソウルは、ツインレイとよく似たスピリチュアルな概念で、同じ魂から分かれた存在のことを指します。お互いが完全に共鳴していて、ほかの人は比較できないほど特別な存在になります。

お互いが存在することで、精神的、感情的、肉体的な側面を含め、全体的な成長と進化を促し、宇宙的な意味と目的を達成することができるとされています。

ツインレイ同様に、恋愛やロマンチックなものだけでなく、親子関係や友情なども含み、魂の旅を共に歩む相手です。

もともと1つだった魂が2つに分かれ、魂を成長させることを目的に出会うのでさまざま試練が待ち構えています。

衝突することもあるでしょうが、ツインソウルとして出会ったとしたら自分を高められる存在と思うとよいでしょう。

19.ありのままを受け入れてつながり合った愛し合える

自分のことをありのままに受け入れてくれる人がいたらそれは出会うべくして出会ったと言えます。

自分の本来の姿を認め付き合える人は決して多くなないです。

そういう人とつながっていると肩の荷が下りたかのような気持ちになると思います。

何も気取ることなく一緒に居ることができる相手は大切ですね。

20.試練を与えられ成長させられる

試練を与えられ成長させられると思う人がいるのも確かなことだと思います。

自分では難しいと思っていたことでも試練として受け入れることで、次に進めます。

それによって今までの自分とは別の成長した姿になれるのです。試練を与えてくれた人を出会って良かったと思えるようになったら人間的にも成長できた証と呼べるのではないでしょうか。

21.人生の転機にそばにいる

就職や転職、引っ越しや会社を辞める時などにそばにいてくれる人は自分の思いを聞いてくれた人でしょう。

そういった人生の転機のときにそばにいるということはそれなりに役目を担っている人です。

22.一緒にいるとエネルギーが湧く

一緒に居ると元気が出たり、エネルギーが湧いてくる人は魅力的な人ですよね。

相性が良かったり、互いに与え合える関係であったりいろんな形があると思いますが、疲れを癒すことができる相手がいることは生きる上で重要になってくると思います。

23.考えていることがわかりやすい

話さなくても考えていることがわかったり、多分こういう気持ちになったのではないかと予測できたりする相手はいませんか。

考えていることが手に取るようにわかったとしたらそれは一緒に居て心地よいはずです。

考えていることを自然と汲み取れたらうれしくもなりますよね。

24.不思議と懐かしさを覚える

以前に出会ったことがあるような感覚に陥ったり、過去から知っているように思えたり、そういった経験がありますよね。

不思議と懐かしさを感じる相手は前世のときに出会っている可能性も少なくないようです。

妙に気が合ったり、同じ体験をして同じことを思ったりしたことのある相手だから懐かしさを覚えるのです。

25.縁が途切れない

学校を卒業したり、職場を退職したりする際には縁が途切れるタイミングだと思いますが、それでもまだ連絡を取り続ける人は自分にとってそういう場所だけでなく人生においてともに歩む人だったのでしょう。

出会うべくして出会う運命のタイミング

1.失恋したとき

失恋をした後に運命の人に出会うことがよくあるといわれています。失恋が本当の恋愛のスタートだったということです。

わたしもまさにそのパターンでした。

叶わなかった恋愛から学ぶことはたくさんあり、自分の大切にしたいものがわかります。

また、諦めがついてスッキリとした気分なら、そんなときに出会った人には等身大の自分をさらけ出すことができるでしょう。

2.挫折したとき

困難や苦境を経験した結果、自分自身の成長や方向性を見出すことができ、それが運命の相手との出会いに繋がるきっかけとなることがあります。

たとえば、仕事に失敗したとき、自分が本当に望むものを考える機会になったり、困難に立ち向かう過程で自己成長を遂げてより魅力的な人間になったりすることで、運命の相手と出会うきっかけを得ることができる可能性があります。

挫折や苦境を経験したからと言って必ずしも運命の相手に出会えるわけではありませんが、自分の変化によって良い縁を引き寄せることはあると思います。

3.就職や転職したとき

就職や転職をする際に新たな出会いが待っていますね。

その時に出会うべくして出会ったということがあります。

たとえば、同じ職場で結婚相手を見つけたり、職場の知り合いの紹介でお付き合いすることになったりなんてことは聞いたことがありますよね。

4.入学や進学したとき

同じ学校に入学した人と出会って縁を続けているという人は多いと思います。同じ学校を選ぶだけあって価値観が似ているとも言えますね。

ライターnatsumi
ライターnatsumi

わたしも元同級生とは長い付き合いになりますが、事あるごとに思い出して連絡をしたり、会ったりすることがあります。すると、同級生とは思えない感じになります。その人自体を見ているので、一緒の学校だったという意識が薄れてくるのです。だから、たまたま学校が同じだったという認識で出会うためだったんだと思うようになりました。

5.引っ越したとき

引っ越しすると、新しい土地に足を踏み入れるので新しい出会いもあります。

新たな行動範囲にも知らない人がたくさんいて、もしかしたら一生の出会いが潜んでいるかもしれません。

新天地で良い出会いがあるといいですね!

6.新しいことに挑戦するとき

新しいことに挑戦するときはワクワク楽しみな気持ちと不安な気持ちが混在していることもよくあると思いますが、勇気を出して一歩を踏み出した人には良い出会いが待ってるかもしれません。

同じように新しい挑戦をする人やその道の先人との新しい出会いがあるでしょう。

7.新しい環境に飛び込んだとき

習い事や塾など新しい環境に飛び込むと同じ趣味や学習する人との新たな出会いがありますよね。

共通点のある人や心許せる一生の友達に出会うチャンスも潜んでいます。

8.断捨離をしたとき

断捨離をすることで、無駄なものを減らし空きスペースができます

例えばぎゅうぎゅうに仕事を詰め込んでいたところに断捨離をして仕事を選ぶようにすると余裕ができ、空いた時間に今までとは違った仕事ができるというわけです。

仕事だけではなく、人間関係の断捨離も効果的です。

エネルギーをすべて使っていると、あとは休むだけになるので、エネルギーをすべて使い果たさずゆとりを持つことで新たな出会いの気づきを期待できます。

9.モテ期が到来したとき

人生には3回のモテ期があるといい、それが本当かは謎ですが、実際にモテ期を経験したことのある人はその時期に運命のパートナーと出会う確率がアップします。

10.心が上向きなとき

心が上向きの時は、なんでも前向きにとらえようとするので出会いに積極的になると思います。

どんな出会いがあるのかとワクワクしている間には、素敵な出会いがあり長く続く人もいるようです。

出会うべくして出会う意味とは

出会うべくして出会うとは、自分が求めている人が目の前に現れることです。

それは自分の波動が相手の波動と共鳴して、出会うということになっているみたいです。

色んな節目節目で出会った人の言葉や行動に心を動かされ、自分の人生を歩んでいきます。

どんなタイミングでも知り合うことはある意味出会うべくして出会ったと言えます。

自分の考え方でどんな出会いになるのかはわかってくると思うので、常に心をポジティブに保っておきたいところです。

ツインレイに出会うべくして出会うときのサイン

ツインレイは結婚や恋愛相手という形にとらわれない、唯一無二の運命の相手のことを言います。

ソウルメイトの中でも特に結びつきが強く、再び一つになるために引き寄せられるという相手です。

ツインレイは魂のレベルで縁がある相手です。

ツインレイに出会うことで自分の生きがいを見つけたり宿命に向かって突き進むことになります。

自分がするべきことをはっきりとさせることがツインレイとの出会いのわけなのでしょう。

出会うべくして出会う友達のサイン

友達は自分の価値観や考え方などを広げてくれる相手です。

出会う時期は色々ですが、考えを共有できたり共感してもらえることがあったとしたら縁は続きますよね。

もしこの人は出会うべくして出会ったと思えることがあったらそれは真実だと思います。

何かトラブルがあったとして離れ離れになる時期があったとしても、再び受け入れ直すことは可能です。

出会いは、ほんのちょっとの縁でも意味があるといえます。

今まであまり深く関わらなかった友達がいたとしても気になるとしたら進んで関わってみると新たな一面が見られるかもしれません。

まとめ

この記事では、出会うべくして出会った人のスピリチュアルサインをまとめました。

どんな人にも出会いはあり、出会うべくして出会ったと思えるほどのものは人それぞれだとは思います。

その数が多かったり少なかったり、そんな人と出会ったことがないという人も中にはいるかもしれません。

ライターnatsumi
ライターnatsumi

わたしの友達が言っていた気になる言葉があります。

「こんな友達が欲しいと思っていたらその通りの人が現れた、それがあなただ」という言葉でした。

誰かを求めているとそれを探して行動しようとするから、手に入るのかなと思います。

出会いはいっぱいありますが、それをものにするのはあなたです。

あなたの周りにはどんな人がいますか?どんな人と出会いたいですか?