➢ 新築マンション・戸建て購入者は5,000円もらえる

【1歳半健診】発語なし&指さしできず引っかかる。内容と要観察になった例

1歳半健診で要観察になった子ども

1歳半健診に行ったのですが、息子はまだ有意語(ママ・ブーブー・わんわんなど)を喋らない(いや・痛い・あーんしか言わない)ので、経過観察になりました。

 

要観察になるだろうことは把握していたけど、やっぱり少し落ち込む…。

 

今回は、1歳半健診の内容と、ことばの発達が遅い息子の記録、保健師さんや栄養士さんからいただいた助言などを記録します。

1歳7ヶ月、ほぼ喃語しか喋らない男の子

わが家の例ですが、1歳3ヶ月くらいのとき、言葉の遅れに気づいてからブログに成長の記録を書き始めました。

バイバイできない 1歳4ヶ月過ぎてもバイバイができないから支援センターで相談してみた 寝ている1歳半の息子 もうすぐ1歳半、単語を喋らない子ども。不安で夜中に泣けた心境と夫の言葉

もこ

最初にうちの子、あまりまねしないし、まだ喋らないけど大丈夫なんかな。

と思ってから4ヶ月くらい経ったのですが、その後もほとんど喃語しか喋りません。

 

何度か書いていますが、喃語はいっぱい喋っていて、健診の待ち時間も周りの子より声は発しているような印象でした。

周囲の友人にも「よく喋るな〜」と言われますが、意味ある言葉が出てこないのです。

 

健診のとき、周囲からたまに「ママ」「りんご」などの単語が聞こえてきて、「おお、ネットで見ていたとおり、本当にこの時期すでに単語を上手に言える子もいるのか…。」とある意味感動しました。

1歳半健診の待ち時間・子どもたちの様子

1歳半健診で要観察になった子ども

わたしの市は、内科・歯科・発達相談などのブースが設けられていて、呼ばれるまでおもちゃスペースで待ち時間をつぶすスタイルでした。

 

受付で番号札をもらい、各自自由に過ごしていたのですが、その間、熱中してあそぶ子、歩き回る子、ママにくっついて抱っこの子がいました。

息子も大人しく、大好きなミニカーであそんでいました。

 

子ども同士の交流はまだなく、個性(人懐っこい・おとなしい・甘えんぼなど)はありつつも、体格・行動・あそび方は似たり寄ったりなので、みんな同じ月齢らしいなあ、とは思いました。

 

とはいえ、保育士さんにハイタッチをしたり、ほかの親にあそんで欲しいと訴えたりする子どもは目立っていました。

その子たちはことばを出していないときでも、目線のコミュニケーションが上手に見えました。

 

1歳半健診の内容 ①歯科健診

歯科健診では、子どもを親の股に挟んで、歯科医の先生がさっとすばやくチェック。

息子は卒乳していないのでむし歯が心配でしたが、むし歯0・歯列咬合0でここは異常なし。

 

1歳半健診の内容 ②身体計測・内科健診

身長と体重を測るために裸にさせられ、ほとんどの子どもが嫌がっていました。

息子も裸になった時点で「何かされる!!」と恐怖を感じて、ものすごい泣きわめきました。ひときわギャン泣きだったような気もします…。

 

小児科の先生からは、「バイバイできる?」ということを最後に聞かれました

 

そのとき、泣いていてできませんでした。

「たまにまねはするけど、ほとんどしません」ということを伝えました。

 

先生からは問診票を見て、「ことばの遅れってほどでもないけどね」と言われました。

ずっと泣いている息子を見ていたので、ことばの発達については何もわからなかったと思うのですが…笑

この時期喋れなくても、心配しすぎる必要はないのかな?とも思いました。(もちろん経過を見ながら必要な措置はしていく)

 

1歳半健診の内容 ③発達相談(行動チェック)

発達相談では、発達相談員さんから問診を受けながら、以下の行動ができるかチェックされました。

発達相談の内容

  • 積み木の積み上げができるか
  • 片付けができるか
  • イラストを見て指差しで応答ができるか
  • 絵を描きなぐることができるか
  • 型はめができるか など

積み木を積み上げられるか・片付けができるか

小さい積み木を6〜7つ積み上げられるか確認されました。

息子はすべて積み上げることができました。

その後、「ないないしてね〜」と言われ、容器に入れるよう指示されましたが、1つしか入れられずに、もっとあそびたがりました。

 

▼小さい積み木

created by Rinker
くもん出版(KUMON PUBLISHING)
¥2,639 (2020/09/24 17:14:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

イラストカードで応答の指さしができるか

犬や車などのイラストカードを見せられ、「ワンワンどれ?」「ブーブーどれ?」などを指さしで応答できるか確認されました。

息子は全然できませんでした

 

家でもできたことがないのでわかっていましたが、

以前の保健師さんの相談のときのように、「実はできるけど家ではやらない現象」で、「あっさり当日はできたりして」と、心のどこかで淡い期待をしていたので、現実を思い知らされました。

もこ

突然こなしたら、それはそれで仰天するけど。笑

 

車が大好きで車の絵を見たとき、一気に顔を近づけたのを見て、発達相談員さんから「車が本当に大好きなんですね」と言われました。

 

種類やサイズが異なる車でもカテゴライズできるのに、まだ、その物体=「車・ブーブー」とは認識できていないようです。

 

同じカタチを認識して、型はめができるか

丸・三角・四角のカードに同じ型をはめられるか確認されました。

見本を見せられたから、かろうじて1つははめることができましたが、しっかり認識しているわけではなさそうです。

試されるのが嫌になり、どんどんぐずり出しました。

 

お絵かき

紙と鉛筆を出され、描きなぐりができるか確認されました。

お絵かきは好きでいつもどおりグシャっと描くことができ、「器用だね」と言われました。

 

1歳半健診の内容 ③-2 発達相談(問診)

発達相談では、行動チェックに合わせて「問診」を受けましたが、確認されたのは以下の内容です。

息子の問診票に沿っての確認で、個人に合わせた内容ですから参考までに。

 

問診で確認された内容

  • 「ママ」や「パパ」もまだ言わないか?
  • 簡単な指示や言葉かけは通じるか?
  • 物の名前がわかっているか?
  • 指さしをしないなら、要求するときはどういう行動を示すか?
  • お腹が空いたら・喉が渇いたらどうするか?
  • 名前を呼んだら振り向くか?
  • 普段どんな喃語を喋っているか?

息子の現状(回答)

  • ママ・パパもまだ一度も言ったことがない
  • 「ちょうだい」「あーん(ママにちょうだい)」「ごはんだよ」はわかっている
  • 物の名前はほとんど分かっていないが、好きな絵本数冊の名前はわかっている感じ
  • 要求は指さしでなく、パーでしたり、手を引っ張ったり、お腹が空いたら自分の席に着席したりする
  • 喉が渇いたらママの服をめくる(授乳してほしがる)
  • 名前を呼んだら振り向く
  • 喃語は「のんのん」「にゃんにゃん」「しぇいしぇい」など言う←なお、猫がわかっているわけではない

 

緑枠の質問に対して、赤枠の回答をしました。

 

発達相談員さんと対面に座り、動作も合わせて確認されました。

 

「2歳になったらまた相談日を設けましょうか?」と最後に聞かれました。

 

ネットで「1歳半健診」について調べていると、「話せないから発達障がいを疑う」ようなことを言われるケースもあるようですが、わたしの市ではそのような表現はなかったです。

 

もしその可能性があっても、きちんと「診断ができるのは3歳から」というし、あまり保護者を不安にさせても意味がない、という方針なのかもしれません。

 

発達相談員さんからは、「子どもそれぞれの大きさのコップにことばを溜めていて、溢れ出すときに話し始める」という話を聞きました。

 

コップの大きさはみんな違うから、その子のサイズにことばが溜まったときに急に溢れてくるものということです。(よく聞くやつ)

 

あとは前回保健師さんに相談したことと同じようなお話でしたから、ここでは割愛します。

絵本と積み木 【1歳半】言葉の発達が遅いときの対応|保健師さんのアドバイスまとめ

 

栄養相談での発見。卒乳していないと、言葉が遅れる傾向にある。

栄養相談を受けると、さまざまな要因が絡み合って子どもの成長を促すことがわかりました。

 

はっとしたのは、この時期まだ卒乳していないと、ことばが進まないケースが多いと言われたことです。

 

盲点でしたが、卒乳していない >> 食事が進まない >> 少食 >> ものを噛む機会が減るから口角の筋肉の発達が遅れる >> 言葉を出しにくい

 というケースがあるようです。

 

統計があるかは知らないし、一概には言えませんが、栄養士さんはその傾向を多く感じると言っていました。

 

「1日に5-6回授乳している」という問診票を見て、「多いね〜」と。

現在は長い授乳が推進されているとはいえ、この時期は栄養面は食事できちんと取れるから、授乳は精神的役割が強いです。

 

1歳半を過ぎたら卒乳する子が多いようで、わが家はやはり卒乳が遅めです。

それゆえ食べる量が少なく、お肉も嫌いで、口の筋肉が弱いのかもしれません。

 

喃語はよく喋るからそれだけが原因ではないでしょうが、しっかり言葉を発するには、筋肉が重要なこともわかりました。

1歳の子ども 1歳過ぎたのに寝てくれないし、卒乳できる気配もない子ども

 

どんな子どもが経過観察(要観察)になるの?その後の対応は?

息子は「ママ」「ブーブー」などの簡単な有意語さえ言えない、指さしで応答しないということで経過観察となりました。

 

小児科医の先生・発達相談員さん・保健師さんから、「ことばが喋れなくてもママの言うことはわかっていますか?」ということを何度も確認されたので、喋らなくても意味をしっかり認識しているなら心配は要らないのかもしれません。

 

もこ

息子の場合は、わかっているようなわかってないような微妙やけど。。

 

周りにも経過観察になった子はいて、次回の発達相談は2歳頃に集団でまとめてするとのことでした。

1歳半健診後の対応は各自治体で異なるので、これから控えている方はお住いの地域でご確認ください。

 

たいてい要観察になったら、電話か個別相談でその後の発達の様子を確認していくようです。

療育が必要かどうかは2歳を過ぎてから決める場合が多いみたいですよ。

1歳半が不安、家でできること 【1歳半健診】発達が心配な子どもにおすすめ育児グッズ【まとめ】

 

1歳半健診の子どもたちの様子と感想まとめ

あくまで感覚的な感想ですが、ほとんどの子は似たような成長発達段階で、中に数人ずば抜けて発達が早い子がいるように感じました。

 

「ママ〜」とママを呼びに行ったり、保育士さんに構ってもらおうとハイタッチを要求したり、しっかり「りんご」「バナナ」など単語を喋っていたりする子は早いなあと思いました。

小さな子どもでも性格はみんな違うのがわかって面白かったです。

 

息子は他の子のおもちゃに興味を示しつつも、基本ミニカーで真剣に遊んでいて、どちらかというと大人しいタイプなのかもしれません。

自分が置かれた環境はよく考えているように思います。

 

経過観察=発達障害というわけではないものの、不安でたまらなくなる人もいると思います。

わたしもそうですが、心配しつつも焦りすぎずに見守っていけたらいいですね…。

 

もこ

周りと比べると焦ることもあるけど、いまは子どもと向き合う時間を大切にしよう(自戒)