>>新築マンション購入者は5,000円GET

新生児期の授乳回数が多い!痛みと寝不足でボロボロだった思い出と対策

泣いている新生児の赤ちゃん

 

授乳回数が多くて寝不足つづき
直母でうまくあげられなくて辛い

乳首が切れて出血して痛い

出口が見えないし、もう辞めてしまいたい

こんな悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

壮絶な出産を乗り越え、いよいよ赤ちゃんとのほっこりライフが待っている!

と希望をもったのも束の間、待ち受けていたのは出産ほどではないにしても、叫びたくなるほど痛い我が子への授乳…!

 

もちろん、中には初めてでも上手く授乳できる人がいるでしょう。

授乳間隔もそれなりに空いて、睡眠時間を確保できる人もいると思います。

だけど、授乳回数が多く、さらに痛い場合は気がおかしくなりそうなほど心身ともに疲弊しますよね。

この記事では、同じように授乳で大変な思いをしているママに向けて、わたしの体験を踏まえながら対策や思いを書いてみます。

※母乳は出るのにうまく授乳(直母)できない一例です。

母乳は飲みすぎるということはない

授乳中のママと赤ちゃん

病院でも教えてもらうことですが、母乳は消化が早いので1日に何度授乳しても問題ありません。

「むしろ欲しがるだけあげてね」と助産師さんにも言われました。

標準回数は1日8〜12回と言われていますが、わたしは始めは毎日13回以上していましたよ。

飲む量も多かったので、ぶくぶく太って成長曲線オーバーしていましたが、1ヶ月検診でもまったく問題ないと言われました。

ただ、授乳回数が多いと母は睡眠不足になるので辛いですよね。

 

以下、わたしの体験談を書いていきます。

 

泣き続ける新生児。気がおかしくなる頻回授乳。【体験談】

泣いている新生児の赤ちゃん

元気に赤ちゃんが生まれてきてくれただけでもちろん幸せですから、簡単に辛いなんて言うべきではないかもしれませんが、初めての育児はわからないことの連続で神経質にもなるので、そこに寝不足が加わると情緒が崩壊します。

わたしの例をあげると、息子は新生児期1時間前後で起きる寝ない子で頻回授乳でした。

なおかつ1回の授乳時間(げっぷして寝るまで)が40〜50分と長かったです。

 

授乳が終わってすぐに休めたら1時間は寝られるはずですが、乳首が切れてしまい搾乳機を併用していたので、授乳を終えた直後に搾乳を始めるといったルーティーンで、さらに寝る時間が削られました。

1回にかける授乳時間も長かったので、回数自体は日に13〜15回でしたが、ほぼ一日中搾乳と授乳に時間を使っていた感覚です。

 

息子は夜中に続けて1時間半寝てくれたらかなり良い方で、退院後、自分がとれる睡眠は日に合計3時間あるかないか。

そんな状況が1ヶ月以上つづきました。

 

それも細切れ睡眠(まとめて寝られるわけではなく、数十分睡眠を何度か)で、まったく寝た気がしません。

プラス自分のせいですが、結婚式の余興の幹事でビデオ制作をしていたので日中は昼寝もできず。(←やるべきことは出産前に終わらせるべき)

私情の失態もあるわけですが、そんな感じで日々眠気と戦い、泣き止まない赤子を必死であやす毎日でした。

 

 

同じように丸一日授乳で終わるような生活を送っているママさん、お疲れ様です(´;ω;`)

 

よく寝てくれる赤ちゃんの場合、「授乳のためにむしろ親が起こさないといけない」なんて話を聞きますよね。

そう聞くと羨ましく余計しんどく思えてくるものですが、終わりはあります。

 

最初の1ヶ月は特に大変ですが、2ヶ月目になると授乳(直母)も板についてきて、わたしの場合は2時間空くことが増えました。

それでも周囲と比べると多いですが、直母の授乳に慣れてくると、両乳15分くらいでできるようになるので、寝る時間も確保しやすくなります。

 

授乳が上手くできない!乳首が切れたときは搾乳機または乳頭保護器(ニップル)で対応!

搾乳した母乳を哺乳瓶で飲む赤ちゃん

乳首が切れて痛い場合、直母であげたくてもあげられない時がありますよね。

そんな時は搾乳機を使うと、乳首の痛みを軽減することができます。

 

わたしは母乳はよく出たのに、乳首が切れてしまい泣くほど痛くて、特にくわえられる瞬間は悲鳴がでるほど。あげるたびに恐怖を感じていました。

やっと寝れる!

と眠りにつこうとした瞬間に起こされ、激痛が待ち構えている…

 

意識が朦朧として、「もう無理、うるさい」って布団にくるまって泣き叫んだ記憶もあります。(赤ちゃんは泣くのが仕事なのにね…)

もこ

そんな時に搾乳機を使って、苦痛が大幅に軽減しました。

 

搾乳機は準備や片付けは面倒ですが、乳首の痛みを避けられるだけでなく、赤ちゃんの飲む量も把握できたり、母以外の家族も哺乳瓶で赤ちゃんにあげてコミュニケーションをとれたりと、良いこともたくさんあります。

乳首の保護なら乳頭保護器(ニップル)もありますが、わたしは合わなくて、逆に子どもが上手く吸えずに直接よりさらに痛い思いをしたので、1回きりしか使いませんでした。

 

でも友達は「ニップルがないと授乳できないほど愛用している」と言っていましたし、合う・合わないがあるようです。

 

まずは安く買える乳頭保護器を試して、合わなければわたしのように搾乳機を試すといいかもしれません。

搾乳機で絞れない人もいるようなので、できれば入院中に病院で試せるといいと思います。

母乳がよく出てパンパンに張るようなタイプの人は比較的使いやすいのではないかと思います。

もこ

わたしは手動も電動も買いましたが、最初から電動にすれば良かった!!と後悔するほど、電動搾乳機がラクでした。手動タイプのお金をドブに捨てた気分です。

 

病院で試して搾乳機で絞れることがわかっている人は、始めから電動を選ぶことをおすすめします。

手動では腱鞘炎になりそうでした(・・;)

 

搾乳機の種類は、母乳育児に力を入れている病院でおすすめされたピジョンの電動タイプが使いやすかったです。

 

いつまで続く?頻回授乳と痛みの辛さ

新生児

あまりにも授乳回数が多いと、寝不足でからだが悲鳴を上げ始めるので、一体いつまでこの状態が続くのだろうと不安になりますよね。

わたしは子どもが欲しかったですが、出産後があんなに大変なものだとは想像できていませんでした。

 

一例にはなりますが、以下に我が家の例をあげます。

我が家の場合(新生児期→生後1ヶ月以降)

 

授乳回数:13〜15回→11〜13回

授乳時間:40分→10分

搾乳機を卒業して直母に慣れたのが生後1ヶ月半頃で、劇的に授乳にかける時間が短縮しました。

2時間で起きるので、やはり一般より授乳回数は多かったですが、からだは少しはラクになりましたよ。

 

よく寝る子の場合、起こさなければ、新生児期からでも授乳が3時間も4時間も空いてしまう(日に8回以下)という話も結構聞きます(・・;)

またミルクの場合は、腹持ちがよく朝まで寝てくれる赤ちゃんもいますよね。(間隔を空ける必要もある)

そう考えると、寝ないタイプの赤ちゃんの夜中の授乳は本当に大変だなと思います。

 

わたしは1歳3ヶ月になった今でも夜間に2〜3回ほど起きて授乳しています。

だけど、これだけ言いたいのは、あんなに辛くて出口が見えなかった授乳も睡眠不足も慣れる時がくるということです。

乳首もたくましくなるので、噛まれたりしない限り吸引力だけでは何とも思わなくなります。

あんなに痛くて泣いていた日々が嘘のようです。

 

寝不足も本当に辛いのは最初の1ヶ月で、それ以降はまとまって寝る時間が増えてくるし、1回の授乳時間が短くなるので負担が軽減します。

 

授乳の痛みと眠れない辛さで、

「もう断乳してミルクにチェンジしたい」

「ミルクを飲めば長く寝てくれるかな」

と考えたこともしばしばありました。

 

だけど痛みに耐えて続けてよかったです。

母乳育児は続けていたらきっと慣れてくるはずなので、せっかく母乳が出るならラクになる日がくることを信じて諦めずにいてほしいなと思います。

 

もこ

「痛い、できない、もう無理」と思っていたのが嘘のように思える時がくるはず…。

 

もちろんミルク挟みながらでもいいと思いますし、搾乳機や乳頭保護器など使えるものを駆使して負担を減らしながらやっていってください。

周囲では1時間おきに泣くほど寝ない赤ちゃんがいなくて、「うちだけなんで…」ってずっと思ってましたが、ネットでは同じように悩む人がいることがわかって安心したのでわたしも体験談を書きました。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です