\2度目のマイホーム資金を貯めた方法はこちら/

お金が貯まる人の口癖10選︱習慣や暮らし方、絶対に言わない言葉まとめ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

お金が貯まる人の口癖ってあるんでしょうか。

ひよこ
ひよこ

お金がほしいけど、貧乏だし、給料も安いし、ボーナス少ないし、一向にお金持ちになれる気がしない

ビションフリーゼ
ビションフリーゼ

どうせ無理だと思っていたらお金持ちになれないよ。思考は現実化するらしいから。



言葉遣いは、その人の中身を表します。

お金を貯めることができる人の口癖や生活習慣、暮らし方をまねしてみたら、きっと人生が良い流れにのっていくでしょう。

マイナスな言葉ばかり口にしていては、思考もどんどんマイナスになり、運を遠ざけてしまうかもしれません。

この記事では、節約好きの主婦ライターがお金が貯まる人の口癖10選と習慣や暮らし方・絶対に言わない言葉をまとめます。

お金が貯まる人の口癖10選

お金が貯まる人の口癖10選︱習慣や暮らし方、絶対に言わない言葉まとめ

まずは、お金が貯まる人の口癖をまねしてみましょう!

ちょっと意識するだけで、意識や習慣が変わりますよ。

読むだけで、お金が貯まる人に一歩近づける内容になっていますので、ぜひ毎日の暮らしのなかで取り入れてみてください。

1.ありがとう

お金持ちは、まわりの人に「ありがとう」と感謝の気持ちを言葉で伝えます。

仕事もプライベートな時間も、家族や友人、同僚がいるからいまの自分があるのです。

つい言わなくてもわかるだろうと甘えてしまっていませんか?

特に家族や慣れ親しんだ友達だと、恥ずかしくなってしまうかもしれません。

それでも、「ありがとう」と言われてうれしくない人はいません。

言われた相手も、言葉を発した自分も気持ちが良くなります。

その輪が広がっていくと、どんどん自分のまわりに素直にありがとうと言える人が集まってきますよ。

生活が豊かになっていきますね。

わたしは、コンビニの店員さんやバスの運転手さんにも「ありがとうございます」とお礼を伝えています。

すると「気を付けて行ってらっしゃい!」「寒いから風邪ひかないように~」などと声をかけてもらえることがよくあります。

ちょっと心がふわっと明るくなりますよね。

お互いに良い気分になれるのです。

最初はちょっと恥ずかしいかもしれませんが、すこしづつ挑戦してみましょう!

ありがとうの効果がすごい!お金や恋愛、人間関係で効果を感じた実例でもご紹介したように、「ありがとう」を意識的に言葉にすることで「人生が変わるほどの経験」をしている人たちが実際にいるのです。

2.仕事が好き

仕事をしなければお金は稼ぐことができません。

1日の時間の多くを仕事に費やす人も多いでしょう。

自分の仕事を好きでいる必要がありますよね。

「辛い、早く帰りたい」そんなネガティブな感情でしている仕事と、「楽しい!わくわくする」と思いながらこなした仕事。

どちらがより良い仕事ができるかは一目瞭然です。

仕事が好きという気持ちが、やりがいやモチベーションとなります。

その気持ちで頑張った結果が、お金となるのです。

本当に好きな仕事を探すことは大変なことです。

しかし、嫌なところばかりでなく好きな要素を探してみるのもポイントです。

3.幸せ

自分のことを自分で不幸だと思っていたら、良いことは起きません。

お金がないから不幸と考えてしまうのは、とても残念です。

お金があるだけでは幸せにはなれませんよね。

友達や家族、趣味や健康な体など、幸せのために必要なものはたくさんあります。

そのありがたみを日々感じて「幸せ」と口にすることが大切です。

同じ言葉を繰り返し言うと、自分のなかにインプットされていきます。

「幸せ」と口にしていれば、幸せだと思えるようになってくるんです。

4.お金持ちになる

「お金持ちっていいな~」「お金持ちになりたいな~」と、ただ漠然と思っているだけではなにも変わりません。

「自分はお金持ちになるんだ!」と言葉にしてみましょう。

そうすることで、どんどんお金を引き寄せる方法を自分で考えるようになります。

お金を稼ぐ方法や、生活費の見直しなどできることはさまざま。

「わたしにはできない」と思っていては、頭もポジティブに働きませんよね。

願望で終わらせないように、言葉にしてみましょう!

5.貯金できてる

わたしは以前、同世代の平均貯金額を知って「え、やばい!どうしよ!」と焦ったことがあります。

そのときのわたしの頭のなかは「全然、貯金ないじゃん~」「このさきどうすんの~」とネガティブで埋め尽くされていました。

しかし、平均はあくまで平均!みんな生活はそれぞれです。

他人と比べて焦っていてもなにも変わりませんよね。

それよりも「少しづつでも貯金できてる!」とプラスにとらえて口に出してみましょう!

貯金ができていると思うと、もっと頑張ろうと思えます。

良い循環ができてくるので、ぜひ試してくださいね。

6.できる

仕事でも家事でも、どんなことでも言えることですが「できない」と諦める言葉は人生を良くするためになりません。

なんでもできないと言っていたら、ほんとうにできない人間になってしまいます。

挑戦もしないで、逃げていることになりますね。

例えば、初めての仕事を任されたとき「わたしにはできません」と諦めたらそこまで。

「難しいけど、やり方を考えよう」と意識を変えられたら、成長することができます。

できるようになるための方法を、考えられる人になりましょう!

もし失敗しても、失敗から学ぶことが必ずありますよ。

7.どうにかなる

これは、わたしがとくに意識しなくてはいけないと思っている言葉です。

どうにもならないマイナスなことが起きたとき、「どうしよう」と焦りに支配されてしまう経験はありませんか?

わたしはついネガティブになってしまいます。

しかし悪いことが起きたときこそ、「どうにかなる!」「まあいっか!」と言葉にしてみましょう!

ネガティブになっていてもなにも生まれません。

どうにかなるさと一旦、その状況を受け入れて流すことが大切です。

ずっと悪いことが起こる人はいません。

もしいまが辛いときでも、必ず終ります。

「どうにかなる!」と言ってみてください。

心が軽くなって、前向きになれますよ。

8.大丈夫

お金の心配をしている人によくある状況が、「なんとなくこの貯金じゃ将来が心配」「なんとなくいまの給料のままでいいのか不安」という、漠然とした不安を抱えているというものです。

心配していることをそのままにしていると、初めは小さかった不安も大きくなっていきます。

その負のループに入っていってしまうと、抜け出せなくなります。

そうならないためにも、日ごろから「大丈夫」と言葉にしてください。

大丈夫と思えば、大丈夫に思えてきます。

お金の心配だけで有効なものではありません。

どんな不安な事柄でも、大丈夫という言葉は安心をくれる言葉です。

9.よかった

自分以外の人に起きた良いことにも、一緒によろこぶことができるようになりましょう。

ボーナスがたくさんもらえた人や、セレブ生活をしている人を目の前にしたとき「よかったね」と言える心の余裕を持ちましょう。

「なんであの人が」「あの人ばっかりずるい」と嫉んでばかりいると、自分の運気を下げてしまいます。

素直に「よかったね!」と言えるようになりましょう!

他人に起きた良いことを喜べる人には、同じように良いことが起きますよ!

10.良い1日だったな

これまで紹介してきた言葉で、ポジティブな言葉を口にすることが良いということはわかっていただけたと思います。

1日頑張った自分を労う言葉で、翌日に備えましょう!

そこで、「今日も良い1日だった!」と口にしてみましょう。

どんなに疲れた日や、失敗があった日でも、必ずひとつは良いことがあったはず。

1日の最後に嫌なことを思い出してしまうと、次の日の目覚めが悪くなります。

それでは仕事のパフォーマンスも落ちてしまいますね。

良かったことを記憶に残すことが大切です。

お金が貯まる人が絶対に言わない言葉

お金を持っている人が言わない言葉とは、どんなものなのでしょうか。

お金を引き寄せる力があえう人は、基本的にポジティブなマインドで生きています。

そのため、自分を下げたり他人を嫉むような発言は出てこないのです。

その例がこちら。

・「お金ない」
 お金を貯めたいのにお金がないとマイナスな発言ばかりしていては、逆効果です。
 ないと諦めるより、できる方法を探しましょう。

・「後でやる」
 後回しにしていて、成功を掴むことはできません。
 いまできることをいまやるという姿勢が大切です。

・「〇〇のせい」
 お金を持っている人は行動力があります。
 自分が成功できないことを他人のせいにして言い訳しているようでは、成長できません。

・「忙しい」
 お金を稼ぐということは、労力を伴うものです。
 忙しいことを理由にしていては、チャンスは巡ってきません。

いかがでいしたか?

誰もが一度は口にしてしまったことがある言葉ではないでしょうか。

マイナスな言葉が口癖になってしまわないようにしましょうね。

お金が貯まる人の習慣や暮らし方

お金が貯まる人は口癖だけでなく、生活習慣や暮らしのなかにもヒントを持っています。

「お金持ちの暮らしは次元が違う」というイメージがあると思いますが、誰でもできる生きていくなかでの大切なポイントをご紹介します。

どれも生活が明るくなる習慣ばかりなので、試してみる価値ありですよ。

・本当に必要なものを買う
 お金持ちだからといって無駄なものにお金は使いません。
 お金の大切さを知っているからです。
 ただ欲しい、安いといった理由では散財しません。

・時間を有意義に使う
 お金を無駄にしないことと同様に、時間も大切にします。
 無意味にスマホを見ていたら時間が経っていたなんてことはせず、読書や健康のために時間を使います。

・早寝早起き
 早寝早起きをすることで仕事の準備をしたり、朝食を食べて体調を整えたり朝の時間を有効に使います。
 頭がすっきりしていると、仕事もはかどり新しい発想も生まれるのです。

・家はいつも綺麗にする
 風水でも水回りと玄関を綺麗にすることで、運気がアップすると言われています。
 物でごちゃごちゃしている部屋では落ち着きませんよね。
 お金を引き寄せるためには、住む家の清潔さも大切なのです。

・お金の話を大切にする
 お金のことをポジティブに考えることで、お金を引き寄せるようになります。
 お金について考えるということを、ネガティブに捉えていてはいけません。
 

お金を手に入れたいなら、まずはお金を大切にしなくてはいけませんね!

口癖を変えたらお金持ちになった体験談(口コミ)

実際に口癖を変えて、お金持ちになれた人の口コミをご紹介します。

実体験をみることができると、真似したくなりますよね!

やはり言い訳をしていては成功は掴めませんね。

即行動して、誰より努力できるって素晴らしいですね!

無意識にネガティブな口癖ができてしまうのわかります!

でも、行動を変えることができる意識の変化が大切ですね。

発想をポジティブにすると、心が変わるんですね!

自己洗脳をうまく利用しましょう!

ポジティブな言葉に変換することが習慣になるようにしたいですね。

行動が変われば、口癖も変わってくるんですね!

まとめ

この記事では、お金が貯まる人の口癖10選と習慣や暮らし方・絶対に言わない言葉をまとめました。

お金の心配をしだすとついネガティブになってしまいますよね。

しかし、お金を引き寄せる人のまねをしてみるだけで、少しづつ人生が変わってくるかもしれません。

言葉は自分を表します。

ポジティブな言葉を発して生活することで仕事がうまくいったり人間関係が円滑にまわったりして、お金まで潤う循環ができるかもしれませんよ。

言葉を変えて、思考や行動も変えていきましょう!