\2度目のマイホーム資金を貯めた方法はこちら/

シニアライフコンサルタントの難易度は?年収・資格取得の方法・有効期限

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

シニアライフコンサルタントの資格取得を考えておられるかたのなかには、資格受験の難易度や実際の年収が気になるかたもいるのではないでしょうか。

この記事では、実際にシニアライフコンサルタントの資格を取得したライターが、シニアライフコンサルタントの難易度や年収、資格取得の方法、有効期限をまとめます。

この記事の信頼性

この記事は、ファイナンシャルプランナー3級・シニアライフコンサルタント資格・教員免許を保有するライターが執筆しています。

シニアライフコンサルタントとは

シニアライフコンサルタントの難易度は?年収・資格取得の方法・有効期限

シニアライフコンサルタントは、生命保険募集人が獲得できる称号の一つです。

一般社団法人生命保険協会が実施している試験に応用課程試験という試験があります。

試験合格者には「シニア・ライフ・コンサルタント(略称SLC)」の称号が授与されます。

応用課程試験を受けるためには、以下の試験に合格をしている必要があります。

  • 生保一般課程試験
  • 生保専門課程試験

シニアライフコンサルタントの年収

シニアライフコンサルタントを取得している生命保険募集人の年収は、個人差があります。

シニアライフコンサルタントは、保険会社に所属して、新規顧客の開拓や既存顧客のフォローなどを通じて、保険商品の販売を行います。初年度手当や歩合制度によって、成績に応じた報酬が支払われます。

また、保険商品の販売にあたっては、保険会社の研修や試験に合格することが必要であり、取得した資格に応じて収入に差が出ることもあります。

シニアライフコンサルタントの年収は、初年度手当や歩合制度などによって大きく異なるため、一概には言えませんが、成績や経験によっては、数百万円から1,000万円以上の高収入を得ることも可能です。

ただし、高収入を得るためには、顧客との信頼関係を築き、適切なアドバイスを提供することが求められます。

一方で、保険商品の販売にあたっては、顧客に対して適切なアドバイスを行うことが求められます。

保険商品には、契約者にとって必要のない商品や、契約者にリスクを抱えさせる商品もあります。

そのため、保険募集人は、顧客にとって最適な保険商品を提案するために、高い専門知識と正しい情報を持つことが必要です。

また、消費者保護のために、保険商品の説明や販売についての法律や倫理規範を遵守することも重要です。

シニアライフコンサルタント資格取得の難易度

シニアライフコンサルタントの応用課程試験の合格点は70点で、合格率は70%と言われています。

シニアライフコンサルタント資格取得の方法

応用課程試験を受けるためには、以下の試験に合格をしている必要があります。

  • 生保一般課程試験
  • 生保専門課程試験

営業職員は、各保険会社を通じて、CBT申込システムより申し込みをします。

代理店については、必要情報を取得の上、直接CBT申込システムより申込みを行います。

CBT試験について

CBT試験とは、Computer-Based Testingの略称で、パソコンを利用して実施される試験のことを指します。

CBT試験では、従来の紙とペンを用いた試験と比べて、以下のようなメリットがあります。

試験結果の迅速な提供

CBT試験では、試験結果が即座に表示されるため、受験者はすぐに自分の成績を把握することができます。

受験者の負担の軽減

CBT試験では、答案用紙の記入や試験監督者の監視など、従来の紙とペンを用いた試験に比べ、受験者の負担が軽減されます。

試験内容の多様化

CBT試験では、紙とペンを用いた試験では難しい複数の選択肢を用いた問題や、画像や音声を用いた問題など、多様な問題形式を採用することができます。

試験の信頼性の向上

CBT試験では、試験監督者の不正行為や受験者の不正行為を防止するためのセキュリティー対策が徹底されており、試験の信頼性が向上しています。

CBT試験は、一般的にIT関連の資格試験や語学試験などに利用されています。

また、新型コロナウイルス感染症の流行により、紙とペンを用いた試験からCBT試験への移行が進んでいます。

シニアライフコンサルタント資格の有効期限

シニアライフコンサルタントを取得したら、業務廃止をしない限り資格喪失はしません。

シニアライフコンサルタント資格を取得した理由

保険商品の販売にあたっては、顧客に対して適切なアドバイスを行うことが求められます。

保険商品には、契約者にとって必要のない商品や、契約者にリスクを抱えさせる商品もあります。

そのため顧客にとって最適な保険商品を提案するために、高い専門知識と正しい情報を持つことが必要となるためシニアライフコンサルタント資格を取得しました。

まとめ

生命保険募集人は、税金に関する知識、運用に関する知識の取得や、法律や倫理規範等を遵守することが求められます。

保険商品の説明や販売については、特定商取引法や金融商品取引法などの法律や、保険業界の倫理規範に基づいて行われます。

これらを、試験を通じ理解をし、遵守することが重要です。