\ブログ収入で2度目のマイホームを叶えた方法/

洋服が捨てられない人の潜在意識とは?断捨離が辛い深層心理を調査

断捨離をするときに、なかなか洋服が捨てられない!という人は多いのではないでしょうか?

わたしも洋服を捨てられず「これはまだ着れるかも」「これは思い出の服だからとっておきたい」などなど…結局捨てられないということが多くありました。

かといって思いっきり断捨離して捨ててしまったあとで「やっぱり捨てなければよかった…」という後悔の経験も…。

この記事では、断捨離をしたことのある主婦ライターが洋服が捨てられない人の潜在意識や断捨離が辛い深層心理についてまとめます。

服を捨てるのが辛い理由

洋服が捨てられない人の潜在意識とは?断捨離が辛い深層心理を調査

わたしも何度も経験していますが、いざ断捨離しようと思って洋服を眺めていると思い出がたくさん脳裏をよぎってしまって

「この服はとっておこう」

この繰り返しで結局捨てられる服がない!なんてことがしょっちゅうでした。

身に着けて出かけるだけに思い出になりやすい、自分の中で気合を入れるときはこの服!などジンクスにしてしまうこともあり、洋服は特に断捨離しにくい気がします。

 

お気に入りだから手放すのが寂しいという気持ちもわかりますよね。

長年愛用した洋服はその分の思い入れも強く、もう着ないけどとっておきたいという気持ちが止まらない。そうして捨てられない洋服がたまってしまうんですね。

どうしても服が捨てられない理由

捨てられない理由も様々で「高かったから」「痩せれば着れるかもしれない」「年齢的に外では着れないけど部屋着として着るかもしれない」「プレゼントでもらったから」などなど、様々な理由で洋服が捨てられない人は多いようです。

 

ちょっと小さいけど痩せれば着られるから買っちゃおう!と勢いで買った洋服結局痩せることができずクローゼットの奥にしまわれたまま。着れるけどピッタリすぎてシルエットが想像と違ったという意見もあります。

女性ならそういう経験をした方も多い気がします。

 

今日こそは洋服を捨てよう!と思っても、いざその服を手に取ると「こういうことがあった」「これを着て出かけたときに忘れられないいいことがあった」など、自分にとっての素敵な思い出を捨ててしまう勇気が出ないというところでしょうか。

頑張って買ったブランドの高い服なんかも、捨てるには勇気がいるというか「もったいない」という気持ちが先に出てしまうのではないでしょうか。

 

捨てられないという自分の気持ちの整理から始めないと、決断するのは難しいかもしれませんね。

断捨離したくないときは無理に服を捨てない方がいい?

断捨離をしようと思って服を捨てたあとに「やっぱり捨てなければよかった」と後悔をした経験はないでしょうか?

断捨離における洋服での後悔や失敗の声をよく聞きます。

断捨離が進んでいくとテンションが上がって捨てることが楽しくなったり、捨てる決断ができるということにうれしくなってどんどん捨ててしまったりする人もいます。

 

「捨ててしまったけど品質のいいものだったから残しておけばよかった」

「最低限残しておきたい服だけを残した結果、着るものがなくなってしまった」

などなど、後になって後悔が出てしまった話もちらほら…。

 

明確に洋服の断捨離をする!という気持ちで、自分なりの捨てる基準や目的が決まってないうちから勢いで捨ててしまうと後悔することが多いようです。

捨てているときはスッキリして楽しいんですけどね!

 

洋服を断捨離をすると新しい服をまた買うことができて楽しくはなります。

断捨離に憧れてはじめてみたけどマイナスの気持ちが強くなってしまうようなら無理にしないほうがいいのかなと思います。

 

こんまり流の断捨離とは?本当に服を捨てられないかチェック

 

「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた片付けコンサルタントの近藤麻理恵さん、こんまりさんという愛称で慕われていますよね。

テレビで近藤さんが断捨離をしている姿を見て「わたしもやってみようかな」と思ったものです。

 

近藤さんは「少しずつ片付ける」よりも「一気に、短期に、完璧に」という捨て方を提案しています。確かに少しずつ片付けても途中でやめてしまったり、捨てていいものかの判断が鈍くなったりしてしまいます。

断捨離には自分の気持ちや勢いがとても重要に思いますよね。

 

断捨離することで自分にどんな気持ちの変化をもちたいかどんな毎日を送りたいかなどのイメージを強くもつことが大切ですね。

 

近藤さんは「ときめく」ということに重きを置いていて「手に取った時にときめくかどうか」「ときめいたものは残し、ときめかないものは捨てる」このような気持ちがとても大事なんだと思いました。

 

断捨離がうまくできず悩んでいる方は

「家の中にある服をすべて一か所に集める」

「服をひとつひとつ手にとってときめくかどうか」

「ときめかない服は処分する」

「ときめく」ということがわからないという方は、手にとったときに好きだと思ったり楽しい気持ちになれたりするかで判断していいと思います。

 

幸せな気持ちや楽しい気持ちはもうないけど高かったから…という事もあるかと思います。

そういうときは、その洋服の楽しい思い出に感謝しながら断捨離してあげてください。

 

断捨離における「保留」はNGと考えられています。

保留にしてしまいそうな気持になったときは、どうして断捨離をしようと思ったのかという気持ちを思い出して、ひとつひとつ決断していきましょう。

created by Rinker
¥1,089 (2023/01/31 23:51:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,188 (2023/01/31 23:51:04時点 Amazon調べ-詳細)

服を捨てたくなかった人が断捨離した感想・口コミ

 

思い切って捨てるのはやっぱり勇気がいるもの…。

そこで断捨離した人たちの口コミがこちら!

 

 

 

 

 

 

大抵の人がスッキリしているように感じますね!

 

ほかにも捨てることに抵抗があってフリマサイトなどで売っている方もいました。

捨てること自体にためらいがある場合は売るというのもいいかもしれません。

 

「一度捨てはじめるとどんどん捨てられるようになりますよ!」

「やってるうちに捨てられなかったすべてのものがゴミにみえてきました」

「1回も着ていない服はこれからも着ない」

「いま必要、不必要を見極めることが大事」

「ほとんど着てなかった服を捨てても、捨ててしまえば意識しなくなった」

 

などなど。捨てるまでは悩んでしまうこともありますが、断捨離してスッキリ&ポジティブな気持ちになっている感想が多かったです。

 

どうしても必要だったらまた買えばいい!と、すがすがしい気持ちで手放しているように感じました。

 

わたしも以前はとにかく物が多く、その中でも洋服が圧倒的に部屋を占拠していました。

部屋が大好きな洋服でいっぱい!ということに幸せを感じていましたが、あるときふと

 

「洋服が多すぎて家に帰ってきても気持ちがやすらがない」

「着ないのにこんないあってどうするの」

 

という気持ちに気づき、衣装ケースやクローゼットの洋服を断捨離することに決めました。

大好きな洋服に囲まれてて幸せ!からの気持ちの変化は本当に突然でした。

ある日気付いたんですよね。

断捨離は自分の気持ちが大部分を占めていて、それまでの自分や状況を変えたい思いが行動になるんだと自分の体験からも痛感しました。

 

わたし自身洋服の断捨離はつらかったり、いざ洋服を手にとってみたら決断が鈍ったりもしました。

それでも断捨離を終え片付いた部屋を見たときは気持ちがスッキリし、とてもうきうきしたのを覚えています。

それまでのいろいろな悩みすら気にならなくなるほど気分が晴れていました。

大切な思い出に感謝しながら断捨離するというのは、自分にとっても新しい一歩を踏み出す勇気や自信につながるのかもしれませんね。

 

まとめ:潜在意識に耳を傾けて断捨離の判断をしよう

これまでの断捨離経験者や近藤さんの提案などを見て、そして自分自身の経験も踏まえた上で「ときめくかどうか」というのがとても大切だと思いました。

 

自分自身の気持ちに、潜在意識に問いかけ

本当に今必要なのか

この洋服を着て楽しい気持ちになれるのか

 

そして本当に自分が断捨離をしたいのか、断捨離をして変わりたい自分がそこにあるのかを判断することが必要だと思いました。

 

周りの人が断捨離をしていて「なんとなくやってみよう」という軽い気持ちだと結局捨てることができずに中途半端になってしまうと思います。

わたし自身、なんとなくでやっていた「気分的な片付け」ではまったくと言っていいほど何も捨てられませんでした。

思い出の詰まった洋服を引っ張り出して、眺めて終わってしまうこともしばしば。

結局のところ自分自身が強い意志で「断捨離をする!」と思わなければ、だらだらずるずると片付かないまま過ごしてしまうのかと…。

 

「断捨離をすることでこうなりたい」

「こういう自分に変わりたい」

 

断捨離することで生まれ変われる、これからの自分がいい方向に変わっていけるのかも知れない…そういう前向きな気持ちや、希望の現れのような気がしました。

 

断捨離はこれまでの自分自身の思い出や、楽しい気持ちにさせてくれた洋服に感謝をしこれまでの自分の見直し、これからの自分はどうありたいかを見つめ直すいい機会なのかもしれませんね。

服を一気に捨てるのは勇気がいりますが、断捨離すると心に問いかけて決断したのなら、短期集中はおすすめです。