➢ 新築マンション購入者は5,000円Get

1歳8ヶ月でも喋らなかった息子、自閉症スペクトラムの特徴に当てはまる

1歳8ヶ月の子ども

たびたび息子の言葉の遅れについてブログに書いてきましたが、1歳8ヶ月でも単語を喋りませんでした。

「パパパパ!」など今まで出なかった音は発音できるようになったのですが、「パパ」だとわかって言っているわけではなさそうです。

もこ

宇宙語をいっぱい喋る姿は可愛いんですけどね、さすがに心配。

 

いろいろ調べていると、「自閉症スペクトラム障害」に当てはまることが多いんです(当てはまらないことも多いけど、定型発達ではないことはわかってきた)。

今日は1歳8ヶ月の息子の成長を記録しながら、自閉症スペクトラム障害の特徴と照らし合わせて考えていきます。

ほぼただの育児日記です〜

息子、1歳8ヶ月も有意語を喋らなかった

「パパパパパパ」とか「バババババー」とか、今までに出なかった音は出せるようになりました。

もこ

四六時中いっしょにいる「ママ」は?

と日々つっこんでいますが、パパやババも意味をわかって言っているようではありません。

 

パパが家にいるときに、「パパパ」と言ってる気もする(そう思いたい)んですが、パパに向かって言っているわけではなく、音として発している感じ。

「誰?」とパパを指差しても、「パパ」とは言いません。

 

これから理解できるようになるのかな?と思いつつ、なかなか言葉と人や物の意味がつながっていない様子が心配で、ひとり検索魔になって自滅しています。

 

1歳7ヶ月のときに、「あし(足)!」と言ったような話を書いたのですが、再現されることはなく、それ以来「あし」とか何か単語を言ったことはありません。

1歳7ヶ月、言葉の発達が遅い子 1歳7ヶ月でも喋らない、言葉の発達が遅い息子の成長記録と驚いたこと

「いや」とか「あーん」などの表現する言葉は出ていますが、単語を言うのは一体いつになるのか目星もみえず途方に暮れています。

もこ

息子のペースで‥と思っていたけど、何かしらの対応が必要だと思い発達障害についても勉強しています。

 

親の言うことへの理解はあるようなないような

この時期まだ言葉を喋らなくても、「言葉の理解があるなら問題ない」といわれています。

もこ

親の指示が通じたり、応答の指さしができたりすれば、そこまで不安になる必要はないそうです。

息子の場合は応答の指さしもまだできないので、この点についても微妙なところ。

 

言葉あそびの絵本をみながら、指さしをしてわたしに聞いてくるような素振りはあるのですが、「わんわんはどれ?」「りんごはどれ?」などの質問に対して指さしができたことはありません。

パイナップルとスイカと桃が好きなようで、くだもののページを頻繁に見せてきて、自分で指さししたりママに指さしをするように訴えてきます。

 

今親が言うことで確実にわかっている言葉は、

  • ちょうだい
  • あーんして
  • 手を洗うよ
  • ボール
  • 好きな絵本の名前

玄関で「くっく履こうね〜」というと足を差し出すので、「くっく=靴」もわかっている気もしますが、ものを理解しているかはよくわかりません。

 

あとは好きな絵本の名前はわかっているようで、「ねないこだれだ」や「パイナップルは?」というと、その絵本を棚からもってきます。

意味がわかる言葉があるのだから、ゆっくりでも息子のペースで言葉の理解を増やしていきたいです。

1歳半健診で要観察になった子ども 【1歳半健診】言葉を喋らないし指差しもできず引っかかる|内容と要観察になった例

クレーン現象もみられる

自閉症スペクトラム障害の幼児期の特徴に多いといわれる「クレーン現象」も多くみられます。

MEMO
クレーン現象とは、親の手や腕を引っ張り、要求を伝える行動のことです。

 

いわゆる定型発達の子どもは、自分の手を使って指をさすなどして、親にほしいものを訴えかけます。

息子はそれがほとんどないんですよね。

ほとんどというか、一度もないかもしれません。

 

そもそも要求自体が少なく、ほしいものは自分で取りに行く、絵本を読んでほしいときはママやパパに持ってきて手渡す、少食なのでごはんを要求することもありません。

お腹が空いたときや時間的に「そろそろごはん」だと思ったら、イスを引いて自分の席に座ります。

 

わたしはこれらの行動を「すごいなぁ」と思っていたのですが、要求を示すことが少ないというのはコミュニケーションを苦手とする特徴でもあるようです。

補足
自閉症スペクトラム障害ではない子どもでもクレーン現象はよくある(成長の過程でみられる)ことなので、クレーン現象がある=自閉症スペクトラム障害というわけではありません。

親とは目を合わすが、他人とはほぼ合わせない

もこ

人は赤ちゃんの頃からコミュニケーション能力があるといわれています。

 

赤ちゃんが示すコミュニケーションは人と視線を合わせることで、1歳前後にもなると指さしをしたあとに、「親がその対象物を見ているか」を目で追い、自分と親が同じものを共有しているかを確かめます。

 

息子の場合、赤ちゃんの頃から目は合っていたし、こちらが笑えば笑みを返してくれていました。

今でも親とは目が合うし、あそんでいるときにたくさん笑いかけてくれます。

でも「視線で何かを共有する」という行為は見たことがありません。

 

いまいちピンときていませんでしたが、支援センターやYouTubeでほかの子どもの様子をみていると、明らかにその行動がないことがわかりました。

 

また、親とは目を合わせるものの、ほかの人とはあまり目を合わせないことは感じていました。

わたしの両親や義両親(おじいちゃんとおばあちゃん)など親族でさえ、あまり会う機会がないとはいえ、あまりにも相手の顔を見たがりません。

わたしの母(おばあちゃん)にも、「たしかに目を合わせないよね〜」といわれました。

 

そもそも人に興味があまりなさそうで、動いている子どもは追っかけることもあるのですが、親以外の大人が近づくことを嫌がる仕草もあります。

もこ

目の前に立たれるとプイっとそっぽを向いたり、触られると手を振り払おうとしたりするのです。

人見知りだとも思えるけど、「人に興味がなく目を合わせない」というのはまた自閉症スペクトラム障害の特徴に当てはまりました。

 

自閉症スペクトラム障害|重度のケースと急に発達がゆっくりになるケース

とはいえ、自閉症スペクトラム障害にも程度があるため、強く特性があらわれている場合、「赤ちゃんの頃から親とも目を合わせない」「抱っこも嫌がる」「後追いをしない」などの行動がみられることも多いそうです。

加えて、早くに診断される特徴としては、首すわり、寝返り、ハイハイ、歩くなどの身体面の発達も遅いケースが多いように見受けられました。

 

息子は1歳までは定型発達で、寝返りは3ヶ月の終わり、ハイハイは7〜8ヶ月、歩き出しは1歳、喃語を喋り出すのも早くて、まさに平均的な成長を遂げてきました。

 

でも1歳3ヶ月頃からの言葉の成長が遅いのです。

毎日「こんなこともできるようになった!」「 子どもの成長は目まぐるしいなぁ」と寂しくさえ感じる日々だったのが、1歳3ヶ月に言葉の遅れに気づいてからは、月齢を増すことに焦りまで感じるようになってしまいました。

 

そんな自分が嫌だし書いていて泣けてきますが、子どもの成長を喜ぶ機会より、「あれ?また1ヶ月経ってしまった」という感じで、先がみえないことへの不安が大きいです。

 

息子が自閉症かはわかりませんが、赤ちゃんの頃は特徴がなくても幼児期に発達がゆっくりになって自閉症と診断された例もネット上で見かけました。

なおさら不安です。

疑いが強くなり不安だけど、今できることに向き合おう

いつになったら喋るんだろう。

腕を引っ張らずに要求を伝えることはできるようになるんだろうか。

親以外ともコミュニケーションを取れるようになってほしい。

 

もこ

不安で調べまくる日々だけど息子のことは大好きだし、可愛くてたまりません。

 

ただ定型発達ではないこと、コミュニケーションは苦手な傾向であることは確かです。

 

2歳で市の発達相談を予定しているのですが、その時点で療育を勧められるかもしれません。

自閉症スペクトラム障害の特徴に当てはまることも多いけど、当てはまらないことも多い(呼んだら振り返って目を合わす、大勢の中でも落ち着いてイベントに参加できる、特定のことに強いこだわりはないなど)のでそちらに目を向けたい気持ちです。

もこ

目を背けるのはだめだとは頭では理解しています。

 

発達障害って程度にもよりますが、親が「ちがう」と思えば、健診でどうとでも言えるし、再診を希望しなければ見過ごされるケースも多いのではないかと思います‥。

それが悪いとは思わないし、わたしも診断がつくとしたらこわいし、受け止められるかわかりません。

 

ただ診断がどうなるかは別としても、就学前までの療育がその後の人生を大きく左右するとも聞くし、幼児期にコミュニケーションの不得意がわかっても、社会に適応できるように成長するケースもよく聞きます。

自閉症の方はコミュニケーションは苦手でも、好きなことへ熱心に取り組むなどすばらしい長所もありますよね。

中には社会に出てからすごい功績を残す人もいるし、何かに熱中できるのってすごいことだと思います。

考えれば考えるほど、発達障害と個性の違いって何?と思えてきます。

 

人間完璧な人なんていないと思うし、生きづらさを感じる人は発達障害以外の人でも多いように思います。

 

 

そう思うくせに、診断はされたくないって矛盾してますよね。 うまく言葉にできません。

 

とりあえず今は不安になってばかりでも仕方がないので、発達障害に効果が期待されている「ABA療法」について勉強しています。

 

自閉症スペクトラムや発達障害に効果が高いABA療育

ABA療法とは

ABA(Applied Behavior Analysis:応用行動分析学)は教育、スポーツ、企業コンサルティング、リハビリ、老年学などに幅広く活用されており、とりわけ自閉症児や発達障害患者の問題行動を改善するのに用いられますアメリカではABAは44州で自閉症児の療育として保険適応されているほど評価されています。現在は全世界で自閉症児にABAが用いられ、欧米はもちろん、アジア圏にもABAの療育拠点が数多く存在しています。

参考 ABA(応用行動分析学)についてチルドレン・センター

ABA療法は本来、BCBA-D(協会認定行動分析士・博士号)、BCBA(協会認定行動分析士・修士)、BCaBA(協会認定準行動分析士)、RBT(登録行動テクニシャン)いずれかの資格をもったセラピストのもと行う療育ですが、セラピストを派遣するには費用がかかります。

 

その概念を応用すれば、家庭でも子どもにいい関わりはできるはずなので、2歳の相談までは家庭でいろいろ試してみようと思います。

以下の本を読みながら家庭でも取り入れられる、子どもを伸ばす言葉かけや関わり方を実践していきます。

自閉症スペクトラム障害に効果が実証されたABA療育とは 自閉症や言葉が遅い子どもに効果があるABA療育(応用行動分析)とは?

お付き合いくださりありがとうございました。