➢ 新築マンション購入者は5,000円Get

【出産体験談】2人目は無痛分娩でスピード安産だった|レポートブログ

新生児の息子|出産体験談ブログ

こんにちは、もこです。

先日、第2子の男の子を出産しました。(また男の子!)

 

この記事では、2人目出産の体験レポートを記録します。

1人目の陣痛があまりにもトラウマで今回は無痛分娩にしました。。

 

リアルタイムで書いたメモにプラスαした日記です〜

 

▼写真のツーウェイオール セレモニー服にも◎

created by Rinker
¥1,980 (2019/12/06 12:18:11時点 楽天市場調べ-詳細)

無痛分娩だけど計画分娩ではなかった

日本では麻酔科医が少なく体制が整っていないために、無痛分娩できる医療機関が限られますよね。

また無痛分娩をするとしても、計画的に出産する日を決めて、誘発分娩する病院が多いようです。

 

わたしが出産した病院は、ありがたいことに無痛分娩24時間対応で、計画ではなく自然に陣痛を待つことができました。

 

陣痛促進剤を使う計画無痛分娩の場合、分娩予約できる期限があるかもしれません。

 

出産した病院は予約なしで当日でも麻酔の対応をしてもらえたのですが、2人目は無痛分娩にすると決めていたので、安定期に入った頃に同意書にサインをしていました。

 

経産婦なのに予定日超過。焦りと不安。

2019年カレンダー

1人目を予定日ぴったりの40w0dで出産したから、2人目は予定日より早く産まれるかと思っていたのですが、遅れました。

 

経産婦だからといって早まるとは限らないけど、担当医の先生も

「経産婦は予定日より早く出産するケースが多い」

と仰っていたので、わたしは早まるとばかり期待していて、臨月に入ってからずっとソワソワした日々を送っていました。

 

もこ

生期産になってもなかなか陣痛がこなくてもどかしかった。

 

最後の妊婦健診では、41wに入ったら陣痛促進剤を使うことが決まって、焦りや不安に駆られました。。

 

でもけっきょく40w3dの夜に陣痛がきてくれて、翌日出産しました。

 

陣痛スタートから3時間弱のスピード出産

1人目が破水スタートだったから、今回も破水から始まるかなーとドキドキしていたのですが、陣痛スタートでした。

 

ここからは分娩の流れを記録します。

雑なメモφ(・ω・ )

 

22時半〜 本陣痛スタート&おしるし確認

22:30

陣痛スタート!!!

このときは前駆陣痛やと思ってた。

とりあえずアプリで陣痛間隔を測りはじめる。

 

22:33

トイレでおしるし確認

ついに本陣痛か?と思いつつ、とりあえず様子見。

間隔が10分前後と短くなって、うずくまるほど痛い!

 

23時〜 産婦人科に電話&入院

23:00

産婦人科に電話してみる。

「陣痛が始まったかもしれないんですが…」

と言っただけで、(経産婦やし予定日超過してたからか)、すぐに来るよう言われる。

義母に電話(上の子を見てもらうため)

 

23:15

産婦人科へ到着

 

23:20

体温&血圧測定

内診で子宮口3cm開いてた!

陣痛間隔6〜7分

 

23:25

陣痛室へ移動

産褥ショーツ&パッド着用

ブラ外して病院着に着替える

痛くて何度もうずくまる💦

痛がり具合を見た先生は、2時間ほどで産まれそうだと言っていた。

 

23時半〜 陣痛室で硬膜外麻酔注入

23:30

NST 赤ちゃんの心拍&陣痛の波を確認

痛みに耐える

 

23:40

子宮口3〜4cm

電解質の点滴&硬膜外麻酔を注入!!

先に皮膚に痛み止めの注射をしてもらえたから、カテーテルを挿れる痛みはなかった!

麻酔は異物が入ってくる違和感で気持ち悪かった💦

 

23:45

麻酔が効き、脚が動かしづらい感覚になる。

陣痛の痛みがすぐに和らいだ✨

でもお腹の張りで陣痛の波はちゃんとわかる!

脚のしびれは感じなかった(よくある副作用らしいが)

 

0時〜 破水からの陣痛ピーク!!

00:00

陣痛間隔5分を切る

 

00:15

内診で破水させる

子宮口まだ4cm😱

 

00:20

何度か破水💦

そこから一気に進んだのか、陣痛がピークになり激痛!!!!

このとき、夫が上の子を家に連れて帰り、義母に託すまでいなくて1人で心細かった。

 

00:30

ふつうに痛い💦

麻酔の効きが悪いのか、こんなもんなのか?

1人で激痛にもだえる。孤独感。

お尻が突き上げられるような痛みに耐えられず、ナースコール!

一度麻酔を追加されたけど、右側の効きが悪く、右下腹部を中心にずっと痛かった😨

麻酔は背中が冷んやりした。

 

00:40

陣痛間隔3分⚡️

麻酔があまり効いてこなくて(実際は効いてたんやろうけど)、その後も強烈な痛み。

 

でも1人目のときよりは大分マシだとは思えて、

壁を叩いたりペットボトルを握りつぶしたりしながら、ソフロロジーを意識して息をたくさん吐いて、陣痛の波を乗り切った。

赤ちゃんに酸素を届けることに集中。

 

夫が戻ってきた!

寒すぎて布団をたくさんかけてもらい、靴下履かせてもらいカイロを握ってた。

 

1時〜 分娩室へ移動!10分で出産!

01:00

陣痛間隔2分⚡️痛すぎてむり!!!

お尻を突き上げられる痛みに耐えられずナースコールして、助産師さんにいきみたいことを訴える。

お隣の妊婦さんのほうが早く産まれる予想だったらしく、先生が来てくれない。。

 

01:02

出てくる!!!むり💦💦

ナースコールを指示したのに、お隣の妊婦さんに遠慮してナースコールは押さずに部屋から出て様子を伺いに行った夫にわたしは内心ブチ切れていた。

 

01:04

体勢を変えて自分でナースコール

麻酔が効いてないのかな?と、助産師さん。

先生が麻酔のカテーテルの位置を直すためにきてくれたけど…もう限界!!

「突き上げられる!いきみたい!もう出る!」

 

01:05

内診してもらったら、すでに赤ちゃんの頭見えていた。

先生「あ、髪の毛がみえています!」

「こっち(の妊婦)が先だな、急いで分娩室へ移動させて!!」

予想より進みが早かったらしく、けっきょくお隣の妊婦さんより先だった。

麻酔をやり直すことはなく分娩室へ。

 

01:07

みんなに抱えられながら歩いて分娩室へ移動。分娩台に上がる。

1人目のときのいきみ方を覚えていた。

目をガッと見開いて先生の顔を見て、息を止めて思いっきりいきむ。

3回の陣痛で9回くらいいきんだ🔥

 

うんちが出てきそうな感覚←

痛すぎて「あーーー!」雄叫びをあげたら、力が抜けるから声を出さないよう注意された。。

 

会陰切開して広げられたら、

にゅるん(頭)にゅるん(肩)!!!

 

分娩台に上がってわずか10分で出産。

 

1時すぎ、赤ちゃんの可愛らしい産声をしっかり聞くことができた。

(1人目のときは死ぬほど痛くて、産声も聞こえないくらい放心状態やった)

 

しばらく姿が見えなくて、泣き声だけ聞いてドキドキ。

夫にお願いして産声を撮ってもらった。

 

助産師さんに抱き上げられた赤ちゃんの元気な姿を確認して涙が滲んだ。

 

胎盤出すのはすこし痛かった。

縫合は大して痛くなかった。

 

1時半〜 カンガルーケア&入院部屋へ移動

01:40

陣痛室へ戻ってカンガルーケア✨

写真撮影!!

麻酔の影響なのか、産後も寒気で歯がガタガタ震えてしんどかった💦

 

2時間ほど休んでから、入院部屋へ移動。

 

無痛分娩を体験した感想

もこ

麻酔を入れてからすぐに効いてきて、陣痛の痛みが和らぎました。

 

でも人工破水させてから最後の1時間くらいは、麻酔の効きが悪かったせいもあるのか思ったよりめっちゃ痛かったです。

麻酔の影響なのか、ガタガタ震えるほどの寒気を感じることもありました。。

 

とはいえ、圧倒的に1人目の普通分娩の陣痛よりもラクで、分娩中も出産後も「無痛分娩にしてよかった」と思いました。

 

もこ

ラクというと語弊があるかもしれないけど我慢できる痛みだった!

 

関連【初産レポ】1人目は破水スタート。陣痛でパニック。救急搬送の体験談

第一子の出産体験談ブログ 【初産レポ】1人目は破水スタート。陣痛でパニック。救急搬送の体験談

 

もしかしたら、今回はスピード出産だったし、無痛分娩にしていなくても1人目よりマシだと感じたかもしれないけど、、

(友達にも分娩時間短くて無痛分娩の意味なかったんちゃうwと言われたw)

 

それでも、あの痛みの恐怖がトラウマだったわたしは、今回無痛分娩を選択していたおかげで、落ち着いて出産に挑むことができてよかった!

 

途中まではかなり痛みが緩和されていたからソフロロジーに集中できたし、体力を残して最後の出産のときは全力でいきむことができたから、赤ちゃんも出てきやすかったんやないかと思いました。

 

無痛分娩にはリスクもあり、メリットもデメリットもきちんと自分で納得した上で選択することが大事ですよね。。

 

▼さらに無痛分娩についてくわしく書きました

関連【無痛分娩】最後は痛い?普通分娩と比較!病院選びで重視したポイント

無痛分娩の体験談ブログ 【無痛分娩】最後は痛い?普通分娩と比較。病院選びで重視したポイント

 

わたしは不安もあったけど、結果的にやってよかったし、もしも次があるとしたらまた無痛分娩を選択すると思います。。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

いま妊娠中の方々が無事に出産されますように。

 

*安産祈願*