新築マンション購入者は5,000円ゲット

新築マンション購入の経緯と後悔したこと【マイホーム購入記】

マイホームを購入するタイミングは人によって違いますよね。

慎重に計画を練る方もいれば、成り行きで購入に至る方もいるのではないかと思います。

もこ

我が家は完全に後者でした!笑

 関連記事

新築マンションを衝動買いした主婦のブログ

我が家は新築マンションを購入したのですが、勢い任せなところもあったので若干の後悔があります。

この記事では、我が家が購入に至った経緯後悔していることや今の気持ちについて記録します。

 

新築マンション購入の経緯

出産を控え、なんとなくネットで土地など探し始めていたのですが、なかなかピンとくる場所(価格込み)がなく、、

そんな折、投函された当新築マンションのチラシを見て、

 

「へぇ、駅近にマンションできるんやー!」

「ターミナル駅の近くで利便性高いし、定年まで電車通勤のこと考えたら、立地条件の良いマンションもありよなあ」

「見に行ってみる?」

って、わりと軽い足取りで、モデルルーム見学に行くことにしました。

 

新築マンション「モデルルーム」見学

モデルルーム見学は購入の第一歩

ここからすべては始まりました。

行ったら最後、、いや、購入の第一歩。。

 

営業さんは必死で、かつ感じよくアピールしてくれるわけです。

モデルルームは1番広い間取りの部屋、テンション上がります。

「マンションなのに広ーーー!」

全部の部屋を隈なく拝見。

 

「綺麗やしお洒落ーーー!」

「ディスポーザーってなんなん!すごーーー!」

完備された設備にも感動して大はしゃぎ。

 

でもここまで素敵に見えるのは、高級な家具や標準にはないデザインが施されているから。

しかもモデルルームは1番広い部屋やろ?

私たちが購入できる価格帯の部屋は大分狭く感じるやろなぁ…。

もこ

と、現実もちゃんと見えているつもりでした。。

 

営業さん「そんなことないですよ!!」

(すかさずメジャーで計測して論証)

「たったこれだけの差!住むには十分の広さです!」

「そもそも、この部屋が広すぎますからねぇ……。」

 

注意すべき広さの錯覚

営業さんに言われて、「うーん…確かにそんなに変わらんかなぁ?」っていう気持ちになりました。

ただの錯覚ですヾ(๑╹◡╹)ノ”

実際、内覧会で契約した自分たちの部屋に入ったとき、、

狭っ!!!

(あれ?天井低ない…?モデルルームのときもっと高くなかったっけ?)

(こ、こんなはずじゃなかった……)

って、仰天することになりました。

 

天井の高さを確認していないと、想像より狭く感じることがあるので気をつけてください。

間取りを見せてもらう時は、平面だけでなく立体でも確認することをオススメします

内覧会時

私はその狭さにショックで(自分の想像力の欠如のせいw)唖然としていたため、内覧会での確認を怠ってしまいました。

夫はもくもくとメジャーで計測し、なにやら色々質問していましたが、、

私、何も頭に入らん。

後々、「あれ?ここ壁と壁の間剥がれかけてるー!」なんてこともあったので、内覧会では隅々まで確認することをオススメします。

 

関連記事

新築マンションの内覧会とオプションの注意点【マイホーム購入記】

 

ー追記ー

内覧会で見落とした箇所については、新築マンションのアフターサービスでも修繕してもらえました。

関連記事

新築マンションのアフターサービス1年目【壁紙ビフォー&アフター】

モデルルーム見学後の販売促進

営業マンの巧妙な話術

購買意欲をかき立てられた私たちは、営業さんから詳しく話を聞きます。

空いている部屋をいくつか紹介してもらいました。

 

私たちが見に行ったのは第3期だったので、その時点で結構契約が埋まっていたそう。

小出しに空いている部屋を勧めてくるのもまた巧みな商法ですよね…

自分の気に入った部屋がなくなっちゃう!って焦るのです。

今思えば、それも運命なんやろうけど。

その時はもう、買わなかったら絶対後悔する!って気持ちになっていました。

 

謳い文句「資産価値の高いマンション」

ターミナル駅で利便性の高い駅近ということで、資産価値の高さについては力説されました。

「この近辺のマンションだと、買った当初より高く売れた例もあるし、家族構成に合わせて住み替えを検討した際にも売りやすくていいですよ。」

「今どき、マンションは永住するより住み替える時代ですよ〜」と。

 

住み替えなんてハードルの高いこと我が家にはできないわ…

と思いながらも、いざというとき売ることが可能なのは、安心できる要素ではありました。

やはり駅近ということで、人気は人気みたいですぐに完売していたので、いずれ住み替えを検討したくなったとしても、売れる可能性は高いのかなと思います。

 

ちなみに、入居後1年経った頃には、一戸建てに住み替えたい気持ちがほんのり芽生え始め、マンションは売却の可能性も考慮して買うべきと思いました。

関連記事

マンションは売却の可能性も考慮して買うべき【入居後1年の感想】

新築マンションの部屋選びと後悔

悩める新築マンションの部屋選び

どのタイプの部屋を購入するのか、かなり迷いました。

広さを取るのか安さを取るのか、上階か下階か、リビングの形やバルコニーの広さなどなど。

お金に際限がなければ、1番良い部屋を選べますよね。

でもそんなわけにはいかないし。

 

私たちがモデルルームの部屋にうしろ髪ひかれていたら、「そのタイプの部屋も空いてますよ!」「ローン組めますよ!」って、提案されました。

そこだけは理性を保てて良かったです。(そんなローンに縛られる人生恐ろしすぎる…)

 

マンション管理会社の営業マンは、わりと無茶なローンでも薦めてくる印象です(全員がそうではないとは思いますが)。

だから、ローンを組む場合は、事前にご家族でどれくらいのローンを組むつもりか話し合って、互いに納得した上で見に行かれるのが良いと思います

 

選んだ部屋のタイプと後悔

我が家は結局、横長リビングでバルコニーが広い部屋(中部屋)にしました。

最後まで迷ったのは、リビングとバルコニーは狭め・角部屋・玄関外に専有スペースがある部屋です。

部屋に関しては、今でも若干後悔しています…

迷っていた部屋は、玄関外に専有スペースがあるのが魅力的でした。ベビーカーも出しておけるし、何かと活用できそうで。

角部屋っていうのも、すべての部屋が明るくて風通しが良くていいですよね。

もっと早く見に行ってれば、選択肢が多い中、じっくり部屋を選べたのに。と思ってしまいます(タラレバ言っても仕方がないのですが)。

 

新築マンションの購入を決めている方は、早めに見に行かれるべきだと思います

 

新築マンションを購入して多少の後悔があったとしても楽しく暮らそう

まとまりのない文章になってしまいましたが、こんな経緯で我が家はマンションを購入するに至りました。

部屋選びの後悔はあるけど、もうどうすることもできないので開き直るしかありません。

 

横長リビングは窓が大きいから部屋全体に光が射すし、明るくて開放感があっていい!

角部屋に憧れはあるけど、金銭面に重きを置いて考えると、中部屋の方が気密性が高くて光熱費が浮く!

こんな感じで自分を納得させています。゚(゚´ω`゚)゚。

 

多少の後悔はあるにせよ、住み心地は抜群だし購入を決めて良かったと思います。

これからもっと好きな空間にできるよう部屋づくりを楽しみたいです。

 

住宅ローン借り換え無料サポート

住宅ローン審査に通るか不安ならSBIマネープラザに来店して無料相談できます