スーモのアンケート回答で5,000円

新築マンションの内覧会とオプション【マイホーム購入記】

新築マンションの内覧会って、行くまではワクワクしますよね。

 

モデルルームで内装は確認できるとはいえ、実際に住む自分たちのお部屋は間取りや広さが違う場合が多いので、イメージしづらいですし、内覧会を終えてから家具を揃えようと思っている方もいるのではないでしょうか。

中古マンションなら、実際のお部屋も確認できますが、新築は完成してからしか見ることができないので、場合によってはイメージより悪くてショックを受けることもあるかもしれません。

 

もこ

私はめちゃショックを受けてん。笑

人生で1番大きな買い物であろうマイホームにもかかわらず、わりと勢いで買ってしまった(考えが浅い!)ので、内覧会でイメージが崩壊しました。

この記事では、新築マンションのオプションと内覧会について書きます。

 

マイホーム購入記

新築マンション入居までの道のり

新築マンションの購入を決めると、それまでのウキウキから一変、面倒な作業がたくさん待ち受けていますよね。笑

2016年夏に新築マンションの購入を決めた我が家ですが、契約時には、多くの書類に目を通して、同じような説明を何度も書いては押印、、

管理会社の説明会では、ローン、登記、火災地震保険、インターネット、浄水器、引っ越しなど、、

マイホームを購入したら誰もが通る道ですが、、とにかく面倒に感じました。笑

注文住宅だったら、もっと決めることが多く大変そうですね。

だけど一戸建ての注文住宅が羨ましい。未だに夫にそう言って呆れられてるよ。

もこ

 

諸々の契約が済んだら、あとはマンションの完成を待つのみ。

翌年完成するまでは楽しみで何度か建設途中のマンションを見に行ってました。

新築マンションのオプションについて

契約時期が遅い場合のオプション選択

新築マンションは、何期かに分けて販売されますよね。

契約する時期が後になるほど、オプションの変更などがしづらくなると思います。と言うか、もはやできない場合もあります。

我が家は購入時期が遅かったので、すでに一部のオプションの変更(ドアの色等)ができない時期でした。

まだ追加できるオプションもあったのですが、その説明会には仕事の都合や悪阻などの事情で行けず、、結局、何も変更・追加なしの標準の一室に入居することになりました。

 

ほとんどの方がドアの色などはノーマルのまま変更はしないようですが、選択の余地はあったに越したことはないので、新築マンションの購入を考えている方は販売開始したらすぐに動き出した方が良いと思います。

どうせ買うなら早く決断しないと、新築マンション購入の経緯と後悔したこと【マイホーム購入記】にも書いたように、人気のあるマンションの場合、良い部屋がどんどん埋まってしまいます。

新築マンション購入の経緯と後悔したこと【マイホーム購入記】

オプションは必要かどうか

新築マンションを購入するなら早めに見に行った方が良いのは事実ですが、オプションは別に追加しなくても不便はありません。

説明会に行けなかったもののカタログには目を通していましたが、オプションって割高ですよね。

結婚式とかと同様、金銭感覚が麻痺して、やたら追加したくなってしまうのですが。。

 

入居後、生活してみてからの方が部屋のイメージや本当に必要かどうか冷静に考えられるし、オプションで追加するより自分で購入した方が安くできることも多いので、調べて比較すると良いのではないでしょうか。

もこ

無ければ無いものとして何も不自由せず暮らしてるよ。

 

あると便利な「ホスクリーン」

住み始めてから、「ホスクリーン(天井に付ける洗濯物干し)」を通販で購入して設置しました。

オプションで追加していたら、2万円くらいだったと記憶しているのですが、自分で購入したことで5千円程度で設置することができ節約になりました。

 

 

憧れの「エコカラット」について

カタログを見て、いいなと思ったのは最近人気のエコカラット(珪藻土の壁)。

入居後、すぐにリクシルの店舗へ見に行ったのですが、どのデザインも素敵で決められなくて結局施工していません。

いつか自分たちで施工会社にお願いしたいなーと思いながらも、思うだけで終わりそうな気もします。。

エコカラットも購入時のオプションより安くできる施工会社がありそうですが、住み始めたら、そういったことは面倒になったり忘れてしまったりするので、必要ならオプションで追加してしまった方が楽だと思います。

無くても困らないけど、あるとオシャレだよね。珪藻土が湿度を調整してくれるらしいよ。

もこ

リクシルでもらってきたカタログ

新築分譲マンションの内覧会

内覧会では「採寸」を怠るべからず

内覧会当日は、指定の時間にマンションに行き、受付を済まして部屋に案内してもらいました。

もこ

スリッパとメジャーと平面図を持参したよ。

インターフォン、センサー、床暖の使い方など設備について業者さんから説明を受けたり、メジャーで部屋の採寸をしたり、不備がないか確認したりしました。

 

でもあまり時間がなくて測り忘れた箇所があったので、マンション管理会社の担当さんに電話して、再度内覧させてもらいました。

入居前に家具を決める際は、内覧会での採寸が頼りになるのでメジャー必須です。

また、家具をどのように配置するか、大きさはどのくらいの物を置くかなど、しっかり採寸した上でイメージしておくと良いと思いました。

内覧会前には、部屋のどの箇所を測るのかを考えておくとスムーズですね。

我が家は二度手間でしたが、大抵の方は念入りにされますよね。笑

もこ

 

内覧会の様子【Web内覧会】

リビングから見た廊下

 

 

 

リビング・ダイニング

 

うきうきわくわくしながら部屋に入りましたが、入った瞬間夫婦揃って

狭っ!!!!

って仰天しました。

 

想像よりもかなり狭かったです……。他の部屋も(´・ω・`)

 

もこ

間取りや広さが違うと分かってはいたけど、モデルルームって詐欺級やな!

キッチン

洗面所&バスルーム

 

2度の内覧会はひたすら採寸をし、狭さにショックを受けつつも、家具選びのイメージが膨らみました。

狭くても、整理収納を工夫してスッキリした部屋にしたいです。

片付け苦手やけど。

もこ

私のように内覧会でショックを受けるなんて稀かもしれませんが、そうならないために、これから購入される方はモデルルームは7割増しで素敵に見えると認識しておくべきだと思いました。