>>新築マンション購入者は5,000円GET

マンション横長リビングに住んだ感想。家具の配置・レイアウト実例【写真あり】

新築マンションを購入する前、部屋のタイプは悩みますよね。

わたしは、何度も何度も間取りを見比べては、1人で悶々と悩んでいました。

 

夫は「4階以上ならどこでもいいでー(予算内で)」って感じだったので、夫婦で一緒に悩むということはなく、最終ゆだねられて、かなり頭を抱えていた記憶があります(´・ω・`)

だって、永住するかもしれない空間になるのだから、永遠に悩めますよね💫

 

けっきょく我が家は「3LDK・横長リビング」の間取りを選んだので、そのメリットやデメリット、家具の配置などについて記録します。

もこ

横長リビングを検討している方の参考になったら嬉しいです。

田の字型の横長リビングについて

図:自己作成・大まかな我が家の間取り

我が家が住んでいるのは、マンションの一般的な間取り、田の字型のリビングが横に長いタイプで、リビング横に「中和室」という窓のない4.5畳の小さな部屋があります。

「横長リビング」は今人気が高い間取りらしく、営業マンさんにおすすめされました。

 

我が家は購入時期が遅かったので、売れ残りの部屋を売るために、魅力を力説されたかもしれません。笑

でも、少し広さが違う横長リビングの住戸タイプは1番に契約が埋まっていたので、やはり人気は人気のようです(*・ω・)ノ

 

 

田の字型の横長リビングを選んだ理由

縦長リビングと横長リビングでは、絶対横長リビングがいいなーと、もともと思っていたのですが、縦長リビングでバルコニーは狭くても、玄関先に専有スペースがあるタイプと迷いました。

最終的には、以下の点を重視して、横長リビングを選びました。

 

選んだポイント

  • 横長リビングの方が縦長リビングよりリビング・ダイニングが広かった
  • バルコニーも広かった

 

横長リビングに住んでみた感想

内覧会で部屋の狭さを確認したとき、本気で横長リビングにして良かった!と思いました。

 

なぜなら、部屋が想像より狭く感じたので、リビング横の和室の引き戸を開けたままにすれば、だいぶ広さが増して見えることにホッとしたのです。

縦長リビングで隣がドアだったら、もっと狭く感じそうだと想像できました。

 

 

また、田の字型の横長リビングの間取りは、子どもが小さい時期や老後にはぴったりかな〜

と思います!

それは、良くも悪くも「中和室」の存在が大きいです。

 

我が家は、現在、中和室はわたしと息子(1歳)の寝室になっていて、息子のお昼寝タイムも中和室にマットレスを敷いて寝かせています。

MEMO

マットレスは、アイリスオーヤマの折りたたみできる通気性の良い洗えるタイプを使っていて、外出時は壁に立てかけています。

 

そして老後に子どもが巣立って、夫婦2人の生活になった場合も使いやすそうです。

例えば中和室をリビングにしてしまえば、リビングの広い2LDKで2人暮らしに丁度良い間取りにできますし、変更せずに中和室を解放しているだけでも、子どもや孫が遊びに来た場合など広々と使えます。(だいぶ先の妄想w)

【中和室の使い方】マンションのリビング横はベビー&キッズ部屋に最適

 

横長リビング・家具の配置【レイアウト実例】

テレビとソファの配置

リビングにテレビを置く場合は、壁が1面しかないので必然的に配置が決まってしまいます。

ソファは窓側に背を向けたり、和室側に背を向けたり移動させることも可能ですが、スタンダードに正面に置いて、テレビが観やすいように配置しています。

 

ダイニングテーブルの配置

ダイニングテーブルは、キッチンに対して横向きに配置しました。

カウンター下にくっつけてキッチンに対して縦置きに配置することも可能ですが、わずかな収納スペースを確保するためにやめました。

unico(ウニコ)のダイニングテーブル【BREATH】の口コミ評判

 

キッチンカウンター下の収納棚

キッチンカウンター下の収納は「オガモクの家具」を使っています。

来客者には、「備え付けの家具かと思った!」と言ってもらえるくらい、白壁に馴染んでいます。

サイズも豊富にあるので、マンション住まいで、カウンター下に収納棚を置こうと考えている方にはおすすめできる商品です。

マンションのカウンター下に薄型の収納棚を設置!オガモク家具の評判

 

横長リビングのメリット

横長リビングは広く見える

写真:テレビは子どもの好きなベビーバスが映っています…

縦長のリビングよりも横長リビングの方が広々として見える気がします。

同じ広さだとしてもそう感じると思えました(妄想)。

 

窓が広くバルコニー(ベランダ)も横にのびている分、奥行きまで広く錯覚して見えるからかもしれません。

さらに、和室の引き戸を開けたままにしておけば、リビングと一体に見えて広く感じます。

 

リビング隣の部屋(和室など)と行き来しやすい

リビング横の部屋を開けたままにしておけば、いつでもラクに行き来できるので、小さい子どもがいる場合はかなり使い勝手が良いです。

お昼寝時間も目が届きますし、ベビールームやキッズスペースとして活用されるご家庭が多いですよね。

掃除しやすいベビールーム!中和室に木製ベビーサークルを設置

あと最近、1歳になった息子は引き戸を開け閉めして遊ぶのにハマっています。

ドアタイプの場合、閉めたままにしておかないと指を挟むことがあり危ないですが、引き戸だと遊び道具になります(*・ω・)ノ(え

 

注意

本来、子どもの遊び道具ではありません。

引き戸でも指を挟む可能性もあるので、注意しましょう。

 

横長リビングのデメリット

横長リビングは収納家具の配置できる場所が少ない

窓が大きくて開放的なのは嬉しいのですが、壁の余白が少ないので、家具を配置できるスペースが限られます。

 

そのため、模様替えもしづらく住んでから1度も家具の配置を変更していません。

観葉植物のウンベラータを移動したのみです☘)

 

部屋のレイアウトに飽きない、または特に模様替えを頻繁に行う予定がない場合には問題ありません。

 

横長リビングは他の部屋が狭い傾向(我が家のマンションの場合)

マンションによると思うのですが、

我が家が住むマンションは、同じくらいの坪数の部屋の場合、縦長リビングよりも横長リビングの間取りの方がLDK以外の部屋が狭い傾向にあります。

中和室について狭いのは承知でしたが、いざ住み始めて将来を想像すると、プライバシーが皆無なので使い勝手に悩みそうです。

 

個々の部屋よりも、リビングで家族団欒の時間を大切にしたい方には向いていると感じました。

最後に:バルコニーが広い横長リビングが好き

LDK以外の部屋がもう少し広くて、中和室も窓がある部屋ならなお良かったのになあ…とは思いますが、どのタイプにもデメリットはあります。

横長リビングはバルコニーが広く開放感があるので、個人的にとても気に入っています。

 

バルコニーに椅子と机を出して、優雅なお茶タイムやモーニングを楽しむこともできます╰(*´︶`*)╯♡

日よけのサンシェード西日がきついマンションのベランダに日除けのサンシェードを設置

もちろん多少狭くてもできることなのですが、横長で広いバルコニーは贅沢な気持ちにさせてくれます。

中層階なので眺めもまあまあ良いです。

 

中和室のように窓のない部屋があるので、家族構成が変わった場合に不便に感じることもあるかもしれませんが、いずれ子どもが巣立っていくことを想定したら、3LDK横長リビングは永住するのにも悪くない間取りだと思いました

 

もこ

マンションの部屋選びがこれからの方は、楽しんでください。