\ブログ収入で2度目のマイホームを叶えた方法/

無性に行きたくなるスピリチュアルの心理は?神社やお寺に呼ばれる意味

あなたは、今までの人生で無性に神社やお寺に行きたいと思ったことはありませんか?

そんな時どうして神社やお寺に行きたいと思うのだろうと疑問に思った方もいると思います。

実は、そのことにスピリチュアルの意味が隠されているのですよ。

この記事では、人間科学を専攻していた占い好きのライターが神社やお寺に無性に行きたくなるスピリチュアルの心理や神社・お寺に呼ばれる意味を深堀りしていきます。


無性に特定の神社に行きたくなるスピリチュアルの意味は?

日々を過ごしている中で、「あの神社に行きたいな~」と思ったことはありませんか?

きっかけはいろいろあると思います。本当にふと思ったり、テレビでその神社の特集がやっていたり、お願いごとができたり、パワースポットとして訪れたいと思ったり・・・

それにスピリチュアルの意味があるのでしょうか?

神社に行きたくなるスピリチュアルの意味は、神社に縁のある神様に呼ばれているからです。

その神様があなたに伝えたいことがある場合と、助けたいと思っている場合があります

そのほかにも、あなたが神様のエネルギーを欲している時や心が疲れてしまっている時に神様に呼ばれて、無性に神社に行きたくなるのですよ。

努力している人や、救いを求めている人、優しい人、欲がない人が特に呼ばれやすい傾向にあります。

神様はあなたが神社に行くことで、新たな気づきを知らせたりエネルギーをくれたりするのでしょうね。

急にお寺に呼ばれるような気がするスピリチュアルの意味は?

お寺に行く目的は本来、本当の幸せを手に入れるということです。

お寺に呼ばれている気になるのは、おそらく本当の幸せを求めているからです。

幸せの形は人それぞれで、今の時代何が幸せかわからなくなることも多いと思います。

お寺に行くことで自分の願いにしっかりと向き合い、自分が何をしたいのかをはっきりさせる。そして日々の生活に戻り、幸せを追い求めるというイメージです。

忙しく過ごしていると、誰のために、何のためにやっているのかがうやむやになって、時間だけが次から次に過ぎていくということがよくありますよね。

自分とゆっくり会話する時間もなく、ただ仕事や家事に追われ、このままでいいのかと思いながら生活するのは正直もったいないです。

そんな人に向けても、お寺からお声が掛かるんだと感じます。


定期的に神社に行きたくなるスピリチュアルの意味は?

定期的に神社に行きたくなるのは、神様との縁を大切にしたいと思っているからです。

神様に日頃の感謝を伝えたいと心の奥で思っているのです。

足しげく神社に行くことで、神様との縁が深まり、気づきや出会いもあることでしょう。

そうしたインスピレーションは日常を彩ってくれるかもしれません。

定期的に訪問することで、前回と今回はどういう心境の変化があったのかなど、自分自身を比較することができますよね。

次回はこういう風な心持で訪問したいなど、小さな目標みたいなものをもつことができたら、もっと生活は豊かで濃いものになるでしょう。

定期的に神社に行くことは、神社のエネルギーを自分自身に蓄えることはもちろん、自分の小さな成長を確かめることにも一つの役目を担っているのではないかと思いますね。


急に特定の神社に行きたくなった体験談・口コミ

体験談1:最近憑りつかれたように神社に行きたくなる

以前から神社に行くと居心地がよくて、神社が好きでした。外出先の近くに神社があると必ず参拝するようにしています。

特にある神社を訪れた時にはものすごく良い印象を受けました。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1028658855

神社を頻繁に参拝することで神様との縁が深まって、運気が上昇している模様です。

以前から神社との相性が良かったことも踏まえ、多数の神様と縁を結ぶことで豊かな気持ちになっているのかもしれませんね。

体験談2:突然、無性に神社に行きたくなる

無性に神社に行きたいと思ったときに、たまたま誘った友人が同行するのを快諾してくれ、トントン拍子に話が進んで驚いたというかたがいます。

しかも無神論者で初詣すら行ったことがなかったのに突然行きたくなるなんて不思議な出来事ですよね。

無性に神社に行きたくなったタイミングで連絡した友人も急のお誘いなら都合がつかなくてもおかしくないのに、一緒にお参りできたというのは、なにかしらの運命があるんでしょうね。スムーズな流れで参拝できていることに、神様からのエネルギーを感じます。

体験談3:元気をもらいに神社に行きたくなる

たまに神社に行きたくなるというかたは意外といるのではないでしょうか。感謝を伝えたり、リフレッシュをしたり、お願いし行ったり…。

またその神社との相性を感じることもあるようで、「合わない神社」というものも存在するようです。人によってスピリチュアルの感受性は違いますが、神社に「合う」・「合わない」を感じたことのあるかたは自分の行動範囲の中で合う神社を見つけられたらいいですよね。

たしかに筆者も自分の行動範囲の中に神社がないと心が休まりません。神社はとても身近なものだということがわかります。日々の生活で疲れた心と体を癒してくれるのが神社。そういう位置づけなんでしょうね。

体験談4:心が弱っているときに神社に行きたくなる

心が弱っていると神社に行きたくなる事例もありました。氏神様のところを訪問したら、小鳥のさえずりがとても心地よかったという口コミがあり、自然豊かな神秘的な場所にいると心の安らぎを感じますよね。

元気をもらいに神社に行く人はたくさんいます。神社の中でいい出来事があったら、それはいい意味があるそうですよ。小鳥もきっと励ましてくれているんでしょうね。


まとめ

さて、無性に神社やお寺に行きたくなる心理、神社やお寺に呼ばれる意味について考えてきました。

あなたはどう思いましたか?

なんとなく過ごしているつもりでも、さまざまな神様や神社、お寺から呼ばれていることもあるんですね。

そうして行きたいと思ったら、すぐ実行するのがいいですよ。

心がすっきりしたり、いいアイディアが思い浮かんだりすることがあります。

そのほか、神様が伝えたいことがあるようですから意識を集中させてみてください。

自分の感覚を信じて、即座に行動する人はどんどんと運も味方につけていきます。

逆に進まない方がいいサインや休んだ方がいいサインが出たときは無理に動こうとしないで家でリラックスした時間を過ごすといいですね。